ここから本文です

大菩薩峠 (1966)

監督
岡本喜八
  • みたいムービー 8
  • みたログ 62

3.86 / 評価:21件

解説

 中里介山による未完の長編時代小説を原作として「霧の旗」の橋本忍が脚本を執筆し「血と砂」の岡本喜八がメガホンをとった時代劇。撮影は「大工太平記」の村井博、音楽は「五匹の紳士」の佐藤勝。仲代達也が主人公の机龍之介を不気味に演じきった。  大菩薩峠の頂上で机龍之介に斬られ命を落とした老人。孫娘のお松はたまたま通りかかった盗賊に助けられる。龍之介は奉納試合で対戦する宇津木文之丞の妻お浜から、試合でわざと負けてほしいと頼まれ彼女を抱くが、試合では文之丞を殺害してしまう。お浜と江戸に出奔した龍之介は、島田虎之助の道場で宇津木兵馬に出会う。彼こそ龍之介が殺害した文之丞の実の弟だった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ