ここから本文です

怪談 (1965)

監督
小林正樹
  • みたいムービー 27
  • みたログ 273

4.05 / 評価:153件

脚本特に結末が元の話を変え過ぎ。

  • cpp***** さん
  • 2020年6月13日 9時30分
  • 閲覧数 262
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

全体的に申し分のない画像、音響などこの時代では最高のものと思う。俳優陣の演技も、現代風ではないにせよ素晴らしいものであった。ただ、個々の話の結末があまりに元の話と違っていて勧善懲悪すぎるのではないかということが不満だった。昔の話なのでそういう面はあるにせよ、「茶碗の底」の様な不可思議さ、不条理性があった方が、怪談としてのリアリティを感じさせる。最近のジャパニーズホラーの呪怨やリングなどのような作品を見慣れているものにとっては、そういう点が今ひとつ物足りない印象を持った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ