蜘蛛巣城
3.9

/ 276

29%
42%
21%
7%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(79件)

不気味22.0%恐怖18.2%絶望的11.5%スペクタクル8.6%不思議7.2%

  • kns********

    2.0

    極普通の展開

    もののけラスト前の予言でなにかもう一展開をと思ったが、 逆臣をそそのかし鬼の様だった妻と逆臣の旦那の狼狽えのあと 味方にやられる、当たり前の結末なんだかな、と思った。 火矢を一本放てば全員道連れの展開だったのに、もったいない。 当時としてはこれが限界か、あー勿体ない、 馬上での闘争展開はさすがと思うのだがやっぱりもったいない。 イメージワードに物足りないを入れて欲しい。

  • ind********

    3.0

    デジタルリマスター版はないのかなあ?

    「乱」と見まがうばかりの城門のセットで一瞬、フラッシュバックをくらい、頭を切り替えるのに時間を要しました。 画像は経年劣化か当時の撮影技術のためか、霧を演出するための煙幕なのかよくわからない、遥か夢幻の世界のようでした。また、音声もかなり悪く、正直何を言っているのか細部は聞き取れませんでした。 ですが、映像の力で、そんなものはどうでもいいほどで、観客をぶんぶん振り回すようなパワーが感じられます。 63年も前の作品なんですねえ・・・1954年に「七人の侍」を公開し、絶頂期の作品でしょうか。よくもまあ、あの城のセットを・・・と感心します。 正直なところテーマはやや深堀が不足だったのでは?いやあ、黒沢シンパには怒られそうですが、「影武者」「乱」のような後味が少し不足気味なような。 「先生、とにかく侍アクションをいまイッポン」と請われてとったような。 人間の業を描くのに「妖怪変化」の力を借りたところが、逆に弱みになってしまった感があります。三船の演技をもってすれば、「人の業」このひとつで十分だったのではと思いますが・・・63年もまえの作品に今さらですが。 しかし、この映像のすばらしさ。 「映画って、ほんとうにいいですねえ」と口に出ました。 大志を抱く映画青年にぜひぜひご覧いただきたい、日本には今のハリウッドにも負けない、創作力があったんだと、勇気づけられます。

  • Wildside

    4.0

    世界のミフネに釘付け

    シェイクスピアの「マクベス」を日本の戦国時代に置き換えて映画化したという本作。物の怪や亡霊など、いわば非現実的な事象を絡めての物語はややもすれば陳腐なオカルト時代劇になり下がるところだ。 ところが本作には間違いなく目が離せなくなる映画の魅力がある。何処か? 鷲津武時演ずる三船敏朗だ。大仰な演技といえばそうかも知れない。しかしこの存在感、三船敏朗の圧が無ければそれこそ陳腐なオカルト時代劇になったのではないだろうか(仲代達也でも見てみたい)。 山田五十鈴演じる奥方の存在感もなかなかのもの。その表情は場面により能面にも般若にも見えます。 幽霊や亡霊が出てくるなんて、なんかなぁ、と敬遠してたのですが、さすがのクロサワ。いや、本作は世界のミフネ。どの作品もそうかもしれませんが本作は特に三船敏朗無くては成立しない。それだけ主役の責任重大、な映画でした。

  • yam********

    4.0

    CGでは表現できない人間の業というもの

    『能をモチーフに「和製マクベス」の時代劇撮ろうぜ! キーワードは「幽玄」「夢幻」!』 ここまでは他の監督でもやりそう 『ラストは三船の奴がビビるほど危険でスゴいシーンにしようぜ!』 これは他の監督じゃ無理w 単なる「意味深芸術映画」で終わらないところ、さすが業深どS監督! 重厚なセットと相まって、きっちり大迫力エンターテインメント映画に仕上がってます 三船敏郎が焦れば焦るほど、監督がほくそ笑んでる姿が目に浮かびますw 本作で特筆すべきは二人の女優の怪演です 物の怪の老婆 浪花千栄子 当時50歳 かっと見開いた目がどこを見ているのか、まったく分からない… 夢に出てきそう… 妻浅芽、山田五十鈴 当時40歳 あんなに恐ろしい衣擦れの音は聞いたことありません… CGでどんな映像も作れるようになった現代からみれば戦闘シーンなどはもの足らなく見えるかも知れません でも人の欲や不信や猜疑心といった心の闇や人の業は、CGでは表現できません 業の深い、生身の役者にしか… 業の深い監督が業の深い役者と映画を作るとこうなる、そういう映画です 観客を愉しませるためには役者の命も軽視する… マクベスよりも業が深いのは監督だった、そういうオチですw

  • ame********

    2.0

    これも黒澤なの?

    スゲー固い 演出って云うか三船にもっと内面の苦悩を表現する能力があったら ずっと良い映画になってたと思うと残念至極 蜘蛛手の森が動くのを眺望するシーンから首を射貫かれるシーンまではなかなかいいけど 話における比重がそれほど重くないのは失敗だと思った

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


三船敏郎鷲津武時
志村喬小田倉則保
久保明義照(三木義明の嫡子)
太刀川洋一国丸(都筑国丸の嫡子)
千秋実三木義明
佐々木孝丸城主都築国春
清水元鷲津の郎党1
藤木悠鷲津の郎党2
土屋嘉男鷲津の郎党3
浅野光男鷲津の郎党4
大友伸鷲津の郎党5
佐田豊鷲津の郎党6
高堂国典武将1
稲葉義男武将3
土屋詩朗武将4
高木新平武将5
増田正雄武将6
松下猛夫武将7
大友純武将8
上田吉二郎鷲津の親兵A
谷晃鷲津の親兵B
堺左千夫鷲津の親兵C
沢村いき雄鷲津の親兵D
大村千吉鷲津の親兵E
三好栄子城の老女
浪花千栄子物の怪の老婆
恩田清二郎三木の郎党1
笈川武夫三木の郎党2
桜井巨郎都築の使武者1
井上昭文都築の使武者2
小池朝雄都築の使武者3
坪野鎌之都築の使武者4
加藤武都築警護の武士1
高木均都築警護の武士2
樋口迪也都築警護の武士3
大橋史典先ぶれの武者
木村功幻の武者1
宮口精二幻の武者2
中村伸郎幻の武者3

基本情報


タイトル
蜘蛛巣城

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル