雷撃隊出動
3.5

/ 13

38%
15%
23%
8%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)


  • ali********

    4.0

    1944.9撮影の意味 + 戦艦ビスマルクの映画

    日本海軍の残り少ない空母を使って撮影したという、歴史的価値がある。戦意高揚というよりも、当時の状況のなかで映画人が何を考えたか、想像してみたい。 もちろん1944年9月と言えば、マリアナ沖で大量の航空機が落とされ最新巨大空母「大鵬」がひどい沈み方をしたあと、レイテ沖で残りの主要空母が消える直前だ。政府はマリアナで米軍に打撃を与えたと宣伝をしたが、軍に近い人々やインテリには、戦争は負けるという予感が高まっていただろう。 (名作映画『軍閥』に、真実を報道した新聞記者への、軍の制裁が描かれています。ある文学者が、警察に見つかって困らないように、フランス語で日記をつけていたのも、有名な話。) この映画の作成スタッフは、想像するに、  ・軍から珍しく予算付きで?、戦意高揚映画の制作を依頼・命令された。  ・日本海軍を記録する最後の機会かもしれないと、ひそかに思って、最高の映画を作ろうとした。  ・現場を取材する過程で、真実をゆがめないように作ろうとした(そうせざるを得なかった)。 という状況だったのではないか。 同じ「文化」に携わる者として、心して鑑賞したいものです。  【おまけ】 YOU TUBEでかなり見れる、イギリス映画『戦艦ビスマルクを撃沈せよ』(1960年)もお勧め。「SINK THE BISMARCK」で検索。日本語字幕はないが、英語なのである程度分かる。画像もわずかに不鮮明だが、白黒なので違和感を感じない。 これも、(戦勝国なのでたくさん残った?!)軍艦や飛行機を使って撮影しています。巨大戦艦ビスマルクへと、雷撃機による攻撃は、模型でしょうが、当時の東宝特撮映画と同じくらい良くできている。冒頭に、ビスマルクの進水式にヒトラーが立ち会う記録ニュース付き(ここはドイツ語)。戦後まだ15年なので、「イギリスは大きな犠牲を出したが、ナチスドイツに勝利したのだ」という実感がこもっている、すぐれた作品です。 お勧めします。・・・以上の情報は、字幕を見たいと思って安値DVDを買う人もいるでしょうから、英国の著作権者(の子孫)に損はさせないでしょう。 ちなみに、日本語のタイトルは「ビスマルク号を撃沈せよ」と、イギリス側の視点だが、ドイツ公開版はさすがに、Die letzte Fahrt der Bismarck(ビスマルク号の最後の航海)となっている。これを、YOU TUBEに入れて検索すると、イギリス人もドイツ人もドイツ語でしゃべる映画が見れて、一興です。とくにドイツ人艦長の、少し高慢な話し方がよくわかる。 さらに、そこに付されたドイツ人視聴者のコメントも、  「今でもビスマルクは、世界一強いはずだ。」から、  「あらゆる砲撃命令は、人類に対する犯罪である。」まで、 なかなかのものです。

  • yba********

    5.0

    まるで、戦後の作品のような…。

    もちろん、戦争末期に撮られた「戦意昂揚映画」なんだけど、リアルな「負け戦」に向かっている戦況描写と、悲愴感が漂っていて、「これ、戦意昂揚するの?」っていう作品。 この作品が、当時の海軍省の管轄で撮られ、公開されている時点で、いかに戦争中の日本が「軍国主義の狂った悪魔の侵略主義国家」じゃなかったことがよくわかる。 (知らない人に 「これ、当時の記録フィルムを元に、戦後撮られた『反戦映画』だよ!」 って言っても信じそうな内容。) 多分、「前線の苦労を銃後の国民に知らせる」のと、「米軍に対する敵愾心を煽る」のが目的なんだろうけれど…。 出てくる飛行機や日本の空母は、基本的にもちろん本物。 一部模型による特撮(米韓隊への攻撃シーンとか)もあるが、最少限。 (ただ、同じ円谷英二監修でも、「真珠湾」と比べると…。という感じ。 この辺も「戦況ゆえ」なんだろう。) 零戦の52型への給弾シーン、天山や一式陸攻の雷撃訓練シーンは本物ならではだし、瑞鶴内の様子や、瑞鶴からの天山発艦シーンは、「トラ!トラ!トラ!」と「トップガン」を合わせたような感じで、ちょっと驚いた。 あと、昔の日本の様子とか、「日本人の顔」とか、「ああ、昭和の日本って、こんな感じだった…。」って、劇中の「慰問映画」に「慰問」されてるし…。 戦意昂揚映画のはずが、ハリウッドの「主演ジョン・ウェイン」な戦争映画とは、かなり趣きが違う戦争映画。 今観ても、変な違和感がない。 むしろ、「永遠の0」程度で感動してるような人こそ、観るべきだと思う。

  • dck********

    5.0

    日米戦意高揚映画の比較(日本編)

    太平洋戦争中の昭和19年(1944年)に製作・公開された海軍省協力の戦意高揚映画です。 海軍の全面協力で撮影されただけあって、実物の軍艦や航空機が多数登場し軍事マニアや戦争映画ファンの間では大変有名な作品です。 特に雷撃機「天山」が空母「瑞鶴」から出撃するシーンは、今日では伝説になっています。 戦時中の日本の国策戦意高揚映画と言えば、ガチガチの軍国タカ派戦争完遂映画を連想しがちです。 もちろん、そのタイプの作品も多いのですが、この「雷撃隊出動」はかなりニュアンスの異なる映画と言えます。 監督はやはり海軍協力映画「ハワイ・マレー沖海戦」を撮った山本嘉次郎です。まだ戦争に勝っていた頃に製作された「ハワイ・マレー沖海戦」は全体的に明るい演出で日本軍の楽勝ムードで演出されています。 少なくともこの映画を見ている限り「米軍は弱兵、この戦争は日本が勝てる」といった感想を持ちます。 しかし、戦局が悪化した昭和19年に製作された「雷撃隊出動」には”楽勝ムード”は全くありません。むしろ悲壮感さえ感じられる演出になっています。 驚かせられるのは劇中で前線の海軍士官たちが「お偉方は現場が分かっていない、飛行機が全然足りないんだ!」と軍上層部を批判するシーンがある事です。 国策映画で軍上層部を批判するとは!! 米軍も強力で手ごわい相手として描かれています。もちろん、”正義”は日本軍、”悪”は米軍という描き方ですが、「とても楽に勝てる相手ではない、この戦争は前途多難だ」と誰もが感じる演出です。 昭和19年といえば多くの日本人が戦局の悪化を肌身で感じていた頃です。そんな状況で”楽勝映画”を作ったとしても観客の共感を得られない、という判断があったのでしょうか? あるいは、海軍の一部に「この戦争は勝てないかもしれない」と言う事を暗に国民に知らせようとする考えがあったのでしょうか? 映画後半で日米両軍の大海戦があります。 この海戦の結果を国民に知らせるラジオ放送のシーンがありますが、その放送内容は「この海戦で敵機動部隊の大半を撃滅せるも、我が方の損害も大」というものです。 主人公の海軍パイロットたちも大半が戦死します。 ある意味において戦争の結末を予感させる映画だとも言えます。

  • neo********

    5.0

    ネタバレ戦争末期らしい映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中