ここから本文です

めくらのお市 命貰います (1970)

監督
市村泰一
  • みたいムービー 1
  • みたログ 5

3.33 / 評価:3件

シリーズ最終作。さよならお市さん!

  • mal***** さん
  • 2012年3月12日 16時31分
  • 閲覧数 378
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

1970年に公開されたボンカレーの看板女優松山容子の「めくらのお市」シリーズ第4作目でありシリーズ最終作です。

まあ、基本的に弱い者いじめをする悪党をお市が、最終的に成敗するというパータンは、本作でも変わりありませんし、その意味では安心して観られる娯楽映画に仕上がっています。

また、最初は敵役だった賞金稼ぎの三九郎(目黒祐樹)との淡い恋物語もあったり、お市が良かれと思ってしたことが、次のシーンではお市の窮地につながったりというよくあるパターンも、それなりに楽しめると思います。

ただ、シリーズ最終作ということで、やはりお市さんに有終の美を飾ってもらいたかったのですが、謎の浪人を演じた丹波哲郎が最終的には、全部のいいところをあっさり奪い去った(ほんと、あっさりとね)のはちょっと寂しい気もしましたし、改めて丹波哲郎の存在感を見せつけられた気がして主役の松山容子には気の毒でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ