ここから本文です

人喰海女 (1958)

監督
小野田嘉幹
  • みたいムービー 2
  • みたログ 6

4.00 / 評価:2件

短パン姿の宇津井健が鮮烈すぎます。

  • mal***** さん
  • 2011年9月6日 17時21分
  • 閲覧数 481
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

1958年に公開されたサスペンス映画です。そうですホラー映画じゃありません。

海女のサダ(三原葉子)と和枝(三ツ矢歌子)の姉妹が働く港町で、指名手配中の強盗犯人の溺死体が発見される。当初は自殺と思われたが、やがて何者かによる殺人という疑惑が浮上する。漁場を仕切る五郎(宇津井健)と惹かれあうサダだったが、チンピラ風の男がサダにしつこく付きまとう。実はサダがこのチンピラを利用して強盗犯人を殺したのだった!ある時サダの秘密を知った宮田(丹波哲郎)は漁場を自分のものにしようとして、サダを利用して五郎から漁場を奪う計画をたてるのだが・・・。

というのが、おおまかな、そしてある意味破天荒な、いかにも新東宝らしいストーリー展開です。

そこに、ストーリーとはあまり関係のない海中から撮影された海女のシーン数分おきに登場し、透けた服を着ている海女のシーンが変に多いと思われるかもしれませんが、それが新東宝映画の面白いところではありますが、ちゃんと事件も解決するという分かりやすさは、荒削りの展開も変に納得させるパワーを感じさせてくれます。

ですから、単純に映画を楽しみたい方には、新東宝の映画はおススメできますが、真面目に、あくまでも真面目に映画を観ようとする人には、本作の面白さが伝わるかは正直分かりかねます。でも、面白いですよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ゴージャス
  • 不気味
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ