ここから本文です

大菩薩峠 (1957)

監督
内田吐夢
  • みたいムービー 4
  • みたログ 33

3.40 / 評価:10件

解説

 中里介山の大河時代小説を「母と子の窓」の猪俣勝人と本作が脚本家デビューとなる柴英三郎が脚色し「暴れん坊街道」の内田吐夢が監督した。邪剣に取り憑かれる主人公の机龍之助を片岡千恵蔵、兄の仇を討つため主人公を追う宇津木兵馬を中村錦之助が演じた。  甲州街道の大菩薩峠で巡礼者の老人を意味もなく斬殺した机龍之助。奉納試合の対戦相手である宇津木文之丞の妻お浜を犯し、試合で文之丞を殺すと、お浜を連れて江戸へ向かってしまう。文之丞の仇を討つべく弟の宇津木兵馬は島田虎之助の道場で剣を学び、龍之助に戦いを挑むが、二人を止めようとしたお浜が誤って龍之助に殺されてしまう。龍之助は土方歳三と知り合い新選組に加わるのだったが…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ