ここから本文です

女妖 (1960)

監督
三隅研次
  • みたいムービー 0
  • みたログ 11

3.29 / 評価:7件

老け役の船越英二のメイクが白すぎます。

  • mal******** さん
  • 2012年5月12日 14時48分
  • 閲覧数 436
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1960年に公開された映画です。

船越英二演じる主人公の作家が出会った女性3人の思い出をそれぞれオムニバス形式で描いています。

一夜限りの関係を持った女性の意外で、ある意味怖い正体を描いたエピソード。人気作家のファンだと近寄っては?一緒に死んで?と言い寄り、慰謝料をだまし取る女性のエピソード。そして突如?あなたの娘です?といって現れた女性の目的と正体を描いたエピソードが山本富士子・野添ひとみ・叶順子(あの叶姉妹とは関係ありません)で華やかな映像で登場します。

ただ、彼女たちに翻弄される主人公の作家がかなり真面目な人物なので、映画としては至って普通の物語が展開された印象しか残らず、もう少しずる賢い男性を主人公にした方が面白かったのではと思わされました。

なんだかんだいって、結局は女性にモテた男性の物語ということですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ゴージャス
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ