忍者秘帖 梟の城
2.9

/ 8

13%
13%
38%
25%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(5件)

勇敢33.3%かっこいい22.2%楽しい22.2%ロマンチック11.1%スペクタクル11.1%

  • sks********

    3.0

    司馬遼太郎「梟の城」貴重な映画化

    原作を読み終わったと同時に、ちょっと古いけど観てみた。ちなみに中井貴一と上川隆也の映画は当時観たけど面白くなかったという印象しかない。 本作は、原作に忠実に作られている感じを受け、好感は持てた。何しろ古いので、当時の役者さんやセリフについても違和感があるのだが、そこは差し引くべきか。 そんな中でも以下の点を指摘したい。 ・重蔵が歳を取り過ぎで、落ち着きがありすぎ。ちょっとイメージが違う。 ・木さると若い忍者との恋愛物語は稚拙であり不要。それがあるため木さるの重蔵に対する思いが全く無くなっており、小萩との対比もない。 ・小萩が重蔵に思いを寄せていく過程が描かれてなく唐突。 ・秀吉が立派過ぎる。原作の趣旨からすると、もっと貧相な老人でなければならない。 ・石川五右衛門のくだりがない。 まあこの大作を映画化するのは難しいことなのだろう。 本作、それなりに楽しめました。

  • arl********

    4.0

    ふつうに面白い

    原作のほうを何度も読み返しているくらい大好きなので、映像化していると知るや否や、即座に観てみた。 なかなか面白かった。原作で文章において描かれている、ゾクゾクするような臨場感溢れる感じが好きなのだが、その雰囲気も丁寧に再現されていてとても良かった。特に夜間、襖を開けて侵入するさいに油を落としてからスーッと開けるような細かい所に至るまで、一度読んだことある者ならニヤッとしてしまうような点が散りばめられているので、私的には原作を知っている人には尚お勧め。 でもやっぱり、心理的な描写に関しては、淡々とした昔ながらの時代劇よりかは小説のほうが心に迫ってくる感じではある。その点は原作のほうが好きだが、けれども映画の中では原作で描かれていなかったような、重蔵が小萩のもとへ戻るシーンとか、あとは木さるが幸せになれていたりとか、そういうところも盛り込まれているのでこれはこれでいいと思う。 まあ全体的に原作の雰囲気、たとえば忍者っぽいアクション、サスペンス的要素、そしてラブロマンスまで概して踏襲してあるので私は好きである。

  • kih********

    3.0

    焼酎を飲みながら観る少年時代の映画

     何か軽いものがいいなと思ってレンタルショップの棚を見ていてこれが目に留まった。『梟』という漢字が読めなかったが、ケースの裏に、「司馬遼太郎」や「大友柳太郎」の名前が見えたので、借りて帰った。  全然軽くなかった。焼酎を飲みながらのことだからだろう、伊賀と甲賀、秀吉と宗久、大友柳太郎と高千穂ひづる、様々な人間関係がどうなっているのか、頭の中が混乱して筋道が分からなくなってしまった。そしてまた、それはそれでどうでも良かった。  少年期・思春期と貧しい家庭で、映画などという娯楽はうちになかった。友だちの映画談議を聞いて羨ましいだけだった。ありがたいことに、当時の映画(友だちは見ているのに自分は見ることができなかった映画)でも、今、簡単にDVDを借りて見ることができる。  大友柳太郎、高千穂ひづるって、名前は聞いていたのだが、実際にはこうだったのだ、忍者って、こういう具合にやってたんだ、とあれから50年も60年も経って、改めて(あるいは、初めて)実物?に接するのだ。友だちはこれを映画館でサイダーなど飲みながら観たのであろう。私はこれを茶の間で焼酎を飲みながら観ている。

  • fig********

    5.0

    イイっすね

    丹下左膳やむっつり右門もイイが…忍者もカッコイイですなぁ~ 大木実は任侠モノの方がビシッと決まります。 50年代~60年代は素晴らしい!

  • ytp********

    2.0

    虚ろな忍者ごっこ

     信長配下の秀吉軍によって、伊賀の村が壊滅させられ、生き残った忍者の一人である葛籠重蔵が秀吉暗殺を誓い、同じ目論見を持つ今井宗久と組むが、宗久に仕える女忍者とただならぬ関係に落ちていく過程を映像化している。  感情を抹殺された忍者集団であることは分かるが、残念ながら、人間的葛藤が全然表現できていない。伊賀者、甲賀者の抗争だけに焦点が当てられ、今井宗久や秀吉の存在感が矮小化され、重蔵と女忍者との恋愛感情も華がない。ただ、のんべんだらりと、話が進んでいき、大変退屈な映画である。東映時代劇の末路が刻まれたような作品だと感じた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
忍者秘帖 梟の城

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル