レビュー一覧に戻る
十七人の忍者

a24********

5.0

ネタバレ活劇的で苦い「戦術系時代劇」の雄

 非情に徹しながらも仲間の身を案じ  忍者を必要としない「太平の世」を  築くことを夢見る伊賀忍者首領と  「勝利」こそが一族の社会的地位を  向上させる道であると信じて  内外の敵と戦う根来忍者の運命を通じて  歴史の裏側に生きる人間達の  情熱と悲哀を描いたストーリーと  活劇的でありながらも  現実感のあるアクション・シーンが忍者映画であります。  本作こそ「時代劇映画衰退期」1960年代に花開いた  「戦術系時代劇」の雄であると言えるでしょう。

閲覧数570