ここから本文です

十七人の忍者 (1963)

監督
長谷川安人
  • みたいムービー 8
  • みたログ 37

3.67 / 評価:9件

活劇的で苦い「戦術系時代劇」の雄

  • 映画賞賛狂 さん
  • 2015年12月19日 23時21分
  • 閲覧数 449
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 非情に徹しながらも仲間の身を案じ

 忍者を必要としない「太平の世」を

 築くことを夢見る伊賀忍者首領と

 「勝利」こそが一族の社会的地位を

 向上させる道であると信じて

 内外の敵と戦う根来忍者の運命を通じて

 歴史の裏側に生きる人間達の

 情熱と悲哀を描いたストーリーと

 活劇的でありながらも

 現実感のあるアクション・シーンが忍者映画であります。

 本作こそ「時代劇映画衰退期」1960年代に花開いた

 「戦術系時代劇」の雄であると言えるでしょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ