大殺陣

118
大殺陣
3.4

/ 43

21%
28%
30%
12%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(12件)

悲しい14.3%絶望的14.3%勇敢10.7%スペクタクル10.7%切ない10.7%

  • ひみつのたかちゃん

    3.0

    時代の気分の時代劇

    大殺陣というタイトルですが、殺陣が綺麗な映画ではありません。工藤栄一監督らしいリアリティのフリした当時の世相の戯画です。テンポに一部難ありで、中だるみするので、堪えられない人いるかなあ。

  • カリブソング

    3.0

    凄まじい

    大乱闘シーンも凄いが、各人物の生きざまも凄まじい。

  • kns********

    1.0

    ドラマを捻くりまわし過ぎ

    せっかくNHKBSで放映され、 へぇー、と思う今でも頑張ってる俳優さんがいたが、 しかし、今の時代だと不入りだろうなと思う。イラつく。 倒すべき相手がシンボルだけではスッキリしない。 直接の仇の下手人はのうのうと生きてる、 極悪張本人を残してしまってる。 当時の社会を反映させたつもりだろうが、 世相の流れをなぞってるだけでは ドラマとしては最低。

  • gte********

    3.0

    単純な「正義対悪」ではない時代劇

    単純な「正義対悪」という図式の映画ではないので、ストーリーが少々わかりにくいかもしれません。ちゃんと説明はしているのですが、何せ一つ一つのシーンが短い。当時の観客はちゃんと話に付いて行けたのでしょうか。  物語の鍵を握る頭巾の女。悪い奴らを倒そうと、協力してくれそうな男の間を奔走するのですが、何度も酷い目に合って・・・。幾ら何でも彼女が可哀そう過ぎます。またその、薄幸の女を演じる女優さんが上手い!  逆に、男は酷過ぎる! 家族を大事にし、子や孫の時代を良くしたいと言うからめっちゃ良い人かと思ったら、最後にあんなこと(ネタバレで書けないのが残念)・・・。狂ってるよ。  タイトルに大殺陣とあるので、最後のアクションを期待していたのですが、これが酷い! おそらく数百人(もっとか?)のエキストラを動員して撮影したのでしょうが、余りに人数が多過ぎてひとつひとつの殺陣がいい加減。  きっとリハーサルは最小限、何の決め事もなくやったのでしょう。わざと空振りしてるような侍が何十人も。素人か! というわけで、肝心の見せ場となるシーンが最後に大こけしている映画です。

  • とし

    3.0

    地味な時代劇

    2020年8月16日 映画 #大殺陣 (1964年)鑑賞 60年安保の影響を受けて集団による革命とか集団闘争とかをリアルに描いた時代劇らしい 確かに戦いのシーンは壮大で、どこまでが台本どおりでどこからがアドリブかが分からないくらい自然な感じの戦いのシーンであった 最後のこのシーンだけでも見る勝ちあり

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
大殺陣

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル