大殺陣

118
大殺陣
3.4

/ 43

21%
28%
30%
12%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • ひみつのたかちゃん

    3.0

    時代の気分の時代劇

    大殺陣というタイトルですが、殺陣が綺麗な映画ではありません。工藤栄一監督らしいリアリティのフリした当時の世相の戯画です。テンポに一部難ありで、中だるみするので、堪えられない人いるかなあ。

  • カリブソング

    3.0

    凄まじい

    大乱闘シーンも凄いが、各人物の生きざまも凄まじい。

  • kns********

    1.0

    ドラマを捻くりまわし過ぎ

    せっかくNHKBSで放映され、 へぇー、と思う今でも頑張ってる俳優さんがいたが、 しかし、今の時代だと不入りだろうなと思う。イラつく。 倒すべき相手がシンボルだけではスッキリしない。 直接の仇の下手人はのうのうと生きてる、 極悪張本人を残してしまってる。 当時の社会を反映させたつもりだろうが、 世相の流れをなぞってるだけでは ドラマとしては最低。

  • gte********

    3.0

    単純な「正義対悪」ではない時代劇

    単純な「正義対悪」という図式の映画ではないので、ストーリーが少々わかりにくいかもしれません。ちゃんと説明はしているのですが、何せ一つ一つのシーンが短い。当時の観客はちゃんと話に付いて行けたのでしょうか。  物語の鍵を握る頭巾の女。悪い奴らを倒そうと、協力してくれそうな男の間を奔走するのですが、何度も酷い目に合って・・・。幾ら何でも彼女が可哀そう過ぎます。またその、薄幸の女を演じる女優さんが上手い!  逆に、男は酷過ぎる! 家族を大事にし、子や孫の時代を良くしたいと言うからめっちゃ良い人かと思ったら、最後にあんなこと(ネタバレで書けないのが残念)・・・。狂ってるよ。  タイトルに大殺陣とあるので、最後のアクションを期待していたのですが、これが酷い! おそらく数百人(もっとか?)のエキストラを動員して撮影したのでしょうが、余りに人数が多過ぎてひとつひとつの殺陣がいい加減。  きっとリハーサルは最小限、何の決め事もなくやったのでしょう。わざと空振りしてるような侍が何十人も。素人か! というわけで、肝心の見せ場となるシーンが最後に大こけしている映画です。

  • とし

    3.0

    地味な時代劇

    2020年8月16日 映画 #大殺陣 (1964年)鑑賞 60年安保の影響を受けて集団による革命とか集団闘争とかをリアルに描いた時代劇らしい 確かに戦いのシーンは壮大で、どこまでが台本どおりでどこからがアドリブかが分からないくらい自然な感じの戦いのシーンであった 最後のこのシーンだけでも見る勝ちあり

  • yam********

    4.0

    ネタバレ臓腑をえぐるような哀切さが迫ってくる…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ame********

    2.0

    巻き込まれほだされ狂う

    家の造りや意匠 空間や構図 人物の所作やいでたち ホンモノの時代劇って感で始まるのに 話わかりにくすぎ展開が緻密でもない 杜撰な策略見事に当たって 吉原に追い込んだあとの殺陣の大味 ホントに泥仕合としか言い様が無いが 惨めに死んだ巻き込まれ侍と懇意の素浪人の 権力に刃向かう決断が大番狂わせを招いたな

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ安保反対!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ind********

    4.0

    壮絶のはてのテロルの虚無

    学生運動が赤軍事件等の過激派事件が起こる1970年代前夜の、1960年代半ばに制作された映画。行き詰る学生運動の胸苦しいような、道の見えない呼吸音がいまにも聴こえてきそうな、江戸時代を舞台にしながら、当時の空気を嗅ぐことになる作品か。 綱重の死にまつわる謎を事前に知っていないと、「十三人の刺客」と比較しドラマの進展が判りづらい。善悪が明確に線引きされていないため、やや戸惑うが、その分現実的でシリアスさが増しているように思います。 ただ、登場人物の行動の動機がややあいまいで、「え、なんでそうなるの」という感じも受けますが、不条理劇ということで、やりすごしましょう。 テロリストの決行前の日常が描かれますが、やはり大坂志郎演じる浪人のあれは、自分がテロに加担したことがわかったときの当然の報いが思われてのことなのか、過剰な本人の思い込みなのか、理解に苦しみますが、その分切実さを表現することになっています。 全編を通じての凝りに凝ったカメラアングルは秀逸です。白日の眩しいモノクロの美しい映像には思わずため息がでます。 「灰とダイヤモンド」を彷彿とさせる、テロリストの最後には、モノクロ画像の効果が最大生きて、得も言われぬアンニュイな雰囲気が醸し出されます。 「なにもしないでいることは、為政者に加担することだ」とばかりに、過激なテロをしかける、その壮絶な決心のはての虚無の現実。学生運動の先に待ち受けていた、連合赤軍事件を予見するかのような、鋭さが印象に残ります。 どっと重い物も呑み込めんで、リアルな斬り合いをご覧になりたい方にお奨め。 家族での鑑賞、アベックでの鑑賞には適さない・・・かな。

  • syu********

    5.0

    東映時代劇の終焉を飾るに相応しい作品群

    『十三人の刺客』のヒットを受けて、光と陰のダイナミックな映像を駆使することで知られた監督である工藤栄一が1964年に作った集団抗争時代劇。里見浩太郎主演。こちらも将軍継嗣問題を巡りクライマックスで暗殺者が将軍後継者を襲撃する内容だが、『十三人の刺客』とは異なり、刺客が暗殺を成功させる為の計画性は一切排除され、そのぶん衝動的な暴力性がより強調されている。四代家綱の世の甲府宰相綱重怪死事件を軸に据え、襲撃を受ける綱重の行列、まず堤上を疾走する裸馬の群れが迫力。吉原田圃での泥濘に塗れた型もへったくれも無い乱戦の大立ち回りは鬼気迫るものがある。ローアングルでハンドショットの揺れる画、埃塗れ泥塗れの大騒ぎ。血塗れで路傍に放られる里見浩太朗の若き日の姿も一見の価値あり。 工藤は、東映が仁侠映画路線に移行した時期に、『十一人の侍』(1966年)で再度集団抗争時代劇を作っている。集団抗争時代劇は1963年7月に封切られた『十七人の忍者』(長谷川安人監督)によって生まれ、その年の暮れに公開された『十三人の刺客』によってジャンルとして確立されたといわれている。この両作品とも、天尾完次の企画によるものである。 『十三人の刺客』の翌年には「大殺陣」を、67年には「十一人の侍」と、3本の「集団抗争時代劇」を撮り、東映時代劇の終焉を飾るに相応しい足跡を刻んでいる。 シナリオは池上金男、彼は後に池宮彰一郎の名前で小説家に転じ、赤穂浪士を題材に小説「四十七人の刺客」を書いているが、この作品も「十三人の刺客」同様の「集団抗争時代劇」で、後に高倉健主演、市川崑監督で映画化されている。

  • いやよセブン

    5.0

    滅びの美学

    大老は権力を磐石にするため、次期将軍選びと反主流派の一掃を図っていた。 一方の反主流派の軍学者は、不平分子を募り、暗殺の好機を狙っていた、 そして大老の警護が固いことから、大老の推す次期将軍候補を暗殺することで、同じ効果が得られると考えた。 少数のテロリストが大勢の侍に切りかかっていく様子は大迫力、一太刀や二太刀で死なないため、戦いは陰惨を極める。 権力闘争には下層階級、特に貧困層がよく利用されるが、どのような結果に終わろうとも、最後は捨てられるのが歴史だ。

  • ter********

    4.0

    陰惨…

    今じゃ絶対作られないだろう、陰惨な時代劇。 救いのない話だけれど、私は「十三人の刺客」よりドロッドロの本作品が好み。

1 ページ/1 ページ中