ここから本文です

風来忍法帖 (1965)

監督
川崎徹広
  • みたいムービー 1
  • みたログ 8

3.50 / 評価:8件

これは何なんだ!

  • hir******** さん
  • 2016年11月23日 22時58分
  • 閲覧数 433
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

大好きな宝塚映画で渥美清主演ということで期待しましたが、これほど退屈な映画は今までの映画愛好家人生で初めてでした。山田風太郎の原作は読んだことはないしこのころの歴史もよく知りませんが、それにしても意味不明な場面が多すぎる。東映の時代劇がいかによくできてるかを思い知りました。渥美清の才能の浪費、佐々やんも面白くないし、佐藤允も岡本喜八監督作品の100分の1も実力を出し切れていない。ただ、大発見だったのはテレビ「部長刑事」で目の鋭いいかにも大阪の刑事を演じていて名前を失念していたのが波田久夫だと分かったことでした(編中、あっさり殺されて、これまた唖然としますが)。監督の川崎徹広は「陽のあたる椅子」に唸らされたので続編の同じ宝塚映画の「風来忍法帖 八方破れ」に期待したいと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ