ここから本文です

四谷怪談 後篇 (1949)

監督
木下恵介
  • みたいムービー 1
  • みたログ 16

3.80 / 評価:5件

最後にはやはり泣かせてくれます.。

  • bakeneko さん
  • 2009年7月17日 16時18分
  • 閲覧数 207
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

しかし上手い脚本だなあ。
本作のテーマは2つあって、一つは“伊右衛門の苦悩”、もう一つは“悪役の元盗賊のピカレスク&破滅”で、終盤見事な融合を見せてくれます。田中絹代、上原謙、山根壽子、佐田啓二、滝沢修、宇野重吉、杉村春子、飯田蝶子、加藤嘉らの演技を観ているだけでも飽きない、役者の凄さを感じさせる作品でもあります(特に、田中絹代の名演は“女の情念の優しさと美しさ+α”を見せて圧巻であります)。そして、豊かな情感に満ちた演出で、物語の芯にはしっかりと“美しいもの”を見せて、最後に観る者を感動させてくれるのであります。

悲劇を中心としたダイナミックなドラマでありますが、“エロ&グロ”は皆無の格調高い作品ですので、全世代的に楽しめると思いますが、“四谷怪談”の物語&劇の予習は必要だと思います(その際は、中川信夫:新東宝版「東海道四谷怪談」で!(こっちはスタンダードに怖いですよ~)。

ねたばれ?
クライマックスのスペクタクルシーンは、他の映画では観たこともない驚愕の映像です(良く制御出来たなあ&誰も怪我しなかったのかしら?)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ