百面童子 第一篇 ギヤマンの秘密
3.0

/ 1

0%
0%
100%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(1件)

かっこいい16.7%勇敢16.7%不気味16.7%不思議16.7%笑える16.7%

  • pj2********

    3.0

    百面童子

    笛吹童子に始まる一連の東映こども向き映画、全5部作であるが45分くらいのショート映画。1955年3月から5週連続で封切り。東映は実に観客を導くのが上手である。第1篇のラストで火あぶりに合う百面童子が熱さにもがくと面が般若/とかにどんどん変化していく。客は次にどうなるだろうと興味をいだきまた第2編を見たくなる。タイトルのいろんな面が回るときにテンポの良い福田蘭堂の音楽が流れる。子供なら誰でも楽しくなる。吉田義男の怪人バテレンが映画をリードする。現在みると馬鹿馬鹿いが何となく夢があります。最終編はネタが尽き白ける。監督は後のヤクザ映画の大御所/小沢茂弘(当時は茂美)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


東千代之介百面童子
永田靖宍戸左門
美多川光子マリヤ姫
市川百々之助武部主膳
有馬宏治善右衛門
吉田義夫ばてれん坊
横尾泥海男ドン・カベロ
沢田清鉄之助
団徳麿せむしの太郎丸
山手弘早耳小僧
堺駿二サボタン公
岸井明西洋占い了斉
津村礼司イスラム王
堀正夫成信
東龍子乳母頭
大丸巖居合抜き

基本情報


タイトル
百面童子 第一篇 ギヤマンの秘密

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-