レビュー一覧に戻る
学校の怪談3

spi********

1.0

下手なスプラッターホラー

一作目、二作目は学校の中で起こる都市伝説や妖怪による恐怖を小学生の目線で描いていたのに対して、本作からは方向性がガラッと変わってしまった。 まず、今までは閉鎖された学校という空間で事件が起こっていたのに、塾や自宅まで間口を広げたために舞台が学校である必要がなくなっている。 さらにはゾンビやら超常現象が主な恐怖要素になり、今までの学校で噂されている都市伝説なんかとも関係なくなった。 そして一番の違いが、前作までは妖怪そのものに対する恐怖だったのに対して、今回は殺害する旨の発言があったり、凶器を振りかざしてきたりとダイレクトに命を狙ってきている。 もはや「学校の怪談」ではない。血が出ない中途半端なスプラッター映画である。 学校の怪談シリーズとしてでなければ構わないが、これをシリーズ3作目だと言うのは酷い。1、2作目のファンからすると侮辱と捉えたくなるほどだ。 学校の怪談というタイトルどおりのコンセプトで作ることが出来ないのなら、別のシリーズとしてやればいいのに。

閲覧数1,069