ここから本文です

江戸川乱歩劇場 押繪と旅する男 (1994)

監督
川島透
  • みたいムービー 5
  • みたログ 20

4.13 / 評価:8件

浅草十二階と蜃気楼

  • koukotsunohito さん
  • 2010年3月9日 21時37分
  • 閲覧数 817
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

オープニング・タイトルは市川崑っぽくて上野耕路による劇伴も素晴らしい。
主人公の兄役・飴屋法水のどこか浮世離れした妖しさ、人形のような兄嫁役の鷲尾いさ子、少年時代の主人公を藤田哲也、老人になった主人公を大ベテランの浜村純、その友人を天本英世が演じる。

短編である原作に現代パートを加えて時代が行き来するストーリーになっており、マンガみたいなパンク小僧たちの登場が噴飯物だったけれど、そこを除けば今まで映画化された乱歩作品の中ではもっとも原作の雰囲気に近いのではないかと思います。

池袋新文芸坐での乱歩特集で上映されなかったのが実に残念。いつかまた観たい。

以前はビデオがレンタル店に置いてあったが、なぜかDVD化されていない。
権利か何かの問題ですか?

観たい人はけっこういると思うんですが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ