江戸川乱歩の 陰獣
2.8

/ 35

6%
20%
34%
29%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(13件)

セクシー17.0%不気味14.9%不思議12.8%悲しい6.4%恐怖6.4%

  • kin********

    4.0

    ネタバレ大人しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tar********

    2.0

    ネタバレエログロなの?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sur********

    2.0

    硬派で上品な“ヘンタイ”映画。

    加藤泰監督の作品は初めてなのだが、海外…とりわけ“西洋”の芸術センスを持ち合わせた映画監督だと感じた。 個人的には、構図やシャープな“陰”の用い方、演出やカメラワーク等、好みである。 しかし、肝心のストーリーの展開、話の持って行き方に魅力がないというか、一言で“退屈”な作りである。 全体的に丁寧に作られてあるとは思うものの、乱歩的エログロの“毒っ気”が無くて、原作の魅力が半減していると思う。 先に石井監督の『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』を見てしまったからかもしれないが、もう少し“突き抜けたヘンタイ味”があればな・・・と感じた。 監督としての“力量”は高いと思う。 しかし、“乱歩”をやるには“優等生”なアーティストなのかもしれない。 作品としては一見の価値ありだが、また見たいとは残念ながら思えなかった。 主演女優は素晴らしく、ある意味、彼女の為のプロモーション映画とも言える。

  • wak********

    2.0

    香山美子は美しい

    乱歩原作の「陰獣」の映画化作品。 ローアングル、音響など拘りが面白く 香山美子の美しさが光るが、 如何せん筋に山場がない。

  • ind********

    3.0

    金田一ブームに乱歩原作で対抗か

    1977年作品なので、市川昆監督の金田一シリーズがスタートした翌年?かなり意識したつくりで、少々前の寺山修二の「田園に死す」の不条理系表現も見え隠れします。 TVでドラマ化されたり、インスパイアされた作品があったりで、原作未読としては、この作品で「ああ、こういうお話だったんだ」と納得。このストーリーによく似た作品はTVサスペンスシリーズなどに引用されているような。 なにやらガタピシいいながら、推理ドラマが進みますが、結論は意外や意外と言えるでしょう。もし、最初に犯人が違う登場の仕方していたら、展開にミステリー性をもう少し盛り込めたら、かなり面白ものになったでしょう。 どうやら、この原作、フランスの映画監督も映画化しているようなので・・そちらも気にかかります。 乱歩ものと言えば、女優のヌード・シーン。香山さんも上半身ヌード、しっかりです。熟女の色香を、もう少しうまく使うと面白かったのですが。 まあ、40年前の作品ですので、それでも、まあ観れるか。 乱歩ものを集中的に観られている方にはお薦めです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
江戸川乱歩の 陰獣

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-