ここから本文です

海底から来た女 (1959)

監督
蔵原惟繕
  • みたいムービー 1
  • みたログ 7

3.75 / 評価:4件

恐怖映画というより恋愛映画

  • hi6******** さん
  • 2010年9月23日 14時29分
  • 閲覧数 337
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

蔵原監督であるので、際物(化け物)映画であるが、
青年の繊細な恋愛をリリカルに描けている。
原作は石原慎太郎(読んでいます)である。
原作でもそうですが、化け物映画というよりも、引っ込み思案である青年
出会うミステリアスな女性にどんどんと惹かれていく様子は
夏の海の雰囲気が出ています。
それだけ筑波久子が野性的な魅力がある。
逆に、恐怖映画としては、余りにあっけない作品でもある。

青春恋愛映画としてみる事をお薦めします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ