レビュー一覧に戻る
飛ぶ夢をしばらく見ない

aok********

4.0

若返っていく彼女の話

創作物っていうのは何パターンもの模倣によって存在する事くらい理解してます。 ノッティングヒルの恋人はローマの休日をなぞっているし、死んだのに理由なく生きかえってくる人は全部ゾンビです(黄泉がえり含めて) 完全なるオリジナルアイデアなど、そう簡単に見つかるわけない。まして創作者自体が、今までの人生の中で経験し、見聞し、影響を受け、その結果、自身でも無意識に模倣を行ってしまう事などよくある事。 ある程度の模倣、ヒント、なぞりは、存在して当然のものです。 しかしライオンキングはどー考えたってジャングル大帝のパクリだろうが。 ちなみに私が言ってるのは、ベンジャミンバトンの事などではありません。 よくある、誰しも思いつく範囲の酷似です。問題ありません。 ネットで著名になった作家の、ドラマ化された話の事です。ドラマは中々よく展開してました。いいドラマだったと思います。なんといっても蒼井優ちゃんが出てましたから。好きでしたよ。 だけど、この「飛ぶ夢をしばらくみない」を観た事のあるヒトは、なにこれ?話、同じじゃない?って全員思ったと思います。 マイナーな作品だったからといって、誰も気付いていないわけじゃないのです。 ましてこれは山田太一脚本です。見逃してもらっただけです。 たまたま出会った老女が若返っていく≠自分の妻が若返っていく そりゃ設定はちょっとは違いますけど、 最初はとまどい、少し嬉しく。そのうち、いや嬉しがってる場合じゃない、このままいくとどうなるんだ? って全く、同じじゃないの? おまけにラスト近辺も全く同じです。 アマゾンなどでは、市川氏のドラマ原作本の方が有名なので、山田先生がそれを意識して書いたようだと勘違いして書評をしてる方までいます。本当に腹が立つ。 一度、どっかに抗議したかった。この映画の方が先で、ずっと素晴らしい作品である事を、勝手に伝えたくて書きました。彼を糾弾したいわけじゃありません。彼の他の作品で好きだなと思うものもありますから。 ただし、山田先生のホンの方が数百倍、上質で切ない仕上がりです。 映画も同じくです。 このレビュー、読んで頂いた方皆さん、最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。

閲覧数1,437