ここから本文です

日蓮 (1979)

監督
中村登
  • みたいムービー 7
  • みたログ 31

2.67 / 評価:9件

他宗の攻撃を避けたのかな

  • najarake さん
  • 2018年12月16日 10時53分
  • 閲覧数 651
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

日蓮宗の「南無妙法蓮華経だけが釈迦の教え」という以外には、日蓮宗の教えや日蓮の布教活動の基盤がなんであったのかは描かれない、おそらく他宗派からの批難や攻撃をさけるためなのか・・・かなり喜怒哀楽が激しい、ヒステリックと言ってもいいような日蓮の人間性に焦点を合わせたような作品。

前半のやや時事的な進み方に、後半は伝承伝奇のような奇跡がややチープな特撮で盛り込まれ・・・観賞でついていくのがややつらい展開。


親鸞を描いた「白い道」とは、まったく異なるつくり・・・そうか宗派が違うから当然か。
往時の著名松竹俳優陣、総出の熱演の割に、心に響かないのは、どうにもキリスト教布教のお話とあまり差が無い、布教への迫害と深まり広まる信仰・・・オウムもそのような展開であったように思えるためでしょうか。

この作品では日蓮は「戦い」「予言」を強調されていて、ますますオウムと似通っているのは驚き。
で、この日蓮宗の枝派に、安倍一強と一体の政党を支持する宗教団体があるわけだが・・・「・・・・これしかない」の強行的な進め方、どこか似ているんで相通ずるものがあったのでしょうか?

ああ、なんか・・・日蓮も政治的だったように見えるから、嫌になっちゃうなあ、といった観賞でした。

宗門以外にはおすすめできないか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ