ここから本文です

二百三高地 (1980)

監督
舛田利雄
  • みたいムービー 93
  • みたログ 686

4.09 / 評価:316件

夏目雅子とさだまさし

  • tsu1637 さん
  • 2020年8月16日 9時43分
  • 閲覧数 665
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

コロナ禍の夏、終戦記念日に丸の内東映で鑑賞

80年代戦争大作の一つ。

現在との俳優の格の違いを思い知らされる。今なら俳優不足で製作できない規模。

夏目雅子の美しさ。スクリーン一杯に映る顔のアップ。

さだまさしの防人の詩。中盤、おそらく当時は休憩時間の合図だったのだろう、スクリーン全面に歌詞が映し出され、いやがおうにも胸に響く。

歴史を映画だけで知ろうとするのは危険だが、興味を持つきっかけとしては最適ではないか。
欧米でヒトラー映画が作られ続けるのと同様、日本の歴史をドキュメンタリーだけでなく優れた劇映画でも残す意義を再確認。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ