レビュー一覧に戻る
怪異談 生きてゐる小平次

mal********

2.0

登場人物はホンマに3人だけです。

公開当時、評論家受けも良かったのを覚えています。でも、当時の私は本作のような小品が公開される場所に住んでなかったので、今まで観ることはなく記憶の片隅にタイトルだけ留めていました。 登場人物は小平次、太九郎とおちかの夫婦の3人。演じる俳優も3人だけというコンパクトな映画です。ATGの製作予算の都合もあったからでしょうが、この静かなトーンの怪談には小規模な設定は合ってると思います。 ストーリーは親友太九郎のかみさんに惚れた小平次が太久郎に殺されても、幽霊になってその思いをわざわざ太久郎夫婦の前に伝えに現れ、最後には人間太久郎と幽霊小平治の殺し合いが展開されます。(幽霊とつかみ合いする不思議な映像は面白いです) 他のユーザーレビューの評価も高く、私だけ低評価なのは気が引けますが、正直好みの映画ではありませんでした。アナログ感に好感は持てましけど、突き抜けた面白さを感じるまでには至りませんでした。 まあ、上映時間も短いですし、自分自身の感じ方で楽しんでもらえたらと思います。

閲覧数537