ここから本文です

草迷宮 (1979)

監督
寺山修司
  • みたいムービー 19
  • みたログ 103

3.74 / 評価:19件

母親の呪縛

  • pos******** さん
  • 2008年9月11日 20時52分
  • 閲覧数 1741
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 私には納得がいかなかった。あれだけ斬新な映像表現と色彩感覚を駆使しておきながら、結局内容は母親の呪縛から逃れられない主人公についての物語なのである。ラストシーンは主人公が性を知らない頃、母親が幼い主人公に手毬唄を歌ってくれていた2人が幸せな頃のノスタルジー以上の意味はない。主人公は手毬の魅了から逃れられないまま手毬によって‘殺される’だけである。母親の呪縛からは逃れられないという結論であるのならば何のための作品制作なのであろうか? 人間の可能性を放棄してしまったような作品は認め難い。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ