ここから本文です

空海 (1984)

監督
佐藤純彌
  • みたいムービー 32
  • みたログ 119

2.68 / 評価:66件

白い犬と頭取で有名な

北大路欣也さんの演技がすごい。
更に、昭和の代表的なメンツの、霊界のオジサンと、黄門様までいるではありませんか!
出演に切られ役の天才、福本清三さんもあったような…。
肝心のお顔は、観た感じわからなかったので、間違っていたらごめんなさい。

さて、本題ですが、DVDでレンタルにて鑑賞。
そもそも約15年前位のシロモノなので、映画館では相当なことではないと、お目見えできないですね…(笑)
でも、久々にジャケット借りしました。

評価が低いですが、
私は約3時間ものなので心配でしたが、俳優さんのすごさも知っているのもあってか、全く飽きずに見れました。

ただ、
観てはないので、予想されるかぎりですが、
最近出た空海の方が、きっとCGとか、スーパー空海として描かれていて、若い人には良いのかも知れません。
時代が時代で、迫力に欠けてしまい、
また何より、こちらの空海はとても

人間っぽい

ので。

また、人間的と言ったのは、ちょっと艶っぽい、ぶっちゃけて言えば、エッチな演出が多々ありました。
女の私が言うのもおかしいですが、
後半には、女性のびーちくが出ちゃって((笑))、クスコさんはイケナイ関係であるせいか、とってもえろい(笑)
まぁ、終始エロエロしてないので、いわいるロマンポルノって程でもないけれど(笑)

でも、私は、空海さんは都市伝説的な超能力者かな。
最澄さんとクスコ?遣唐使?
あっ、なんか教科書になかったっけ?

と言うような、
そもそも《さん》つけるほどの仏教知らず。
大河ドラマも退屈に感じ、全くもって興味もなく、歴史の「れ」の字もわかないほどの人間ですが、
本作品では、最初に記したように、そんな私が最後まで見れ、
なんとなく、時代背景や最澄さんとの関係も理解できた気がします。
教科書で、数行の暗記ものを見るより、よっぽど覚えやすかと思います。
息抜きには長い時間を要しますが、案外テスト勉強のちょっとした休憩に使えるかも知れません。

短所ですが、
古い映画のせいなのか、いやいやそうだったとしても、です。
古い映画では、良くあるオープニングなのですが、とにかく、冒頭から俳優さん等の名前やら、
けっこうな長いエンドロールのようなを見せられ、さすがにツラくて早送りしちゃいました。
また、宗教色が強いという方もいらっしゃるようですが、
多分、それはねじ込むようにお経を読み上げるシーンがあり、私も
今いる?
という疑問符が浮かんだり、
当時はすごく苦労したのでしょうけど、やはり迫力に欠けた特撮っぽい映像と、一人で鑑賞にも関わらず、
乱交っぽいエロエロ映像やらがちょっと恥ずかしくて現実に戻されました。
もうね、エロエロのこれは、親御さんからしたら、中学生以下のお子さんにはオススメ出来ません!
あと、きっといくつかカット出来そうな、無駄な部分が多少あり、
私としたら、少し気になる程度ですが、間延びして見える可能性も否めません。
これは、映画とは無関係な、ハードの話になりますが、
DVDあるあるの、効果音と台詞の音の大きさの落差が激しく、リモコンで音量の上げ下げを余儀なくしたのも、少しばかり不満でした。

でも、私個人の総評としては悪くないです。
人物の性格の分かりやすいストーリーと、
演者さんの顔ぶれの豪華さが、全てを補っていたのかも知れませんね。
また、
歴史嫌いで宗教の良くわからない自分も、ちょっとだけ興味がわいて、これで少しだけですが、ネットで検索した位ですから、
手を出しやすい作品かと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ