北斎漫画
3.4

/ 52

17%
31%
37%
10%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(16件)

セクシー19.1%楽しい14.9%知的8.5%不思議6.4%かわいい6.4%

  • bui********

    5.0

    これは面白い

    大物役者が真剣にコントをしてるようにみえて笑えました〜^_^ 間隔置いてまた観たいくらいです。

  • agu********

    4.0

    面白い

    子供のころテレビでみました、この度映画館で鑑賞しました、緒形拳、西田敏行は演技がうまい、とくに晩年の演技はいいねちょっとぼけてんのとか死にかけてるところとか。 それと樋口可南子は凄くいやらしく妖艶でタコの口を口で受け入れるところなどR指定されてもいい感じでした、田中裕子はガキんっちょからお婆さんまで面白おかしく脱いでました。 昔の映画は規制が緩く面白く隠すところが少なく楽しめます。

  • cyborg_she_loves

    4.0

    2人のヌードに尽きます

    他のレビュアーさんと同じこと書きますけど、要するに、樋口可南子・田中裕子の2人のヌードの美しさに尽きてる映画だと思います。  そして、それだけを目当てに見ても、「見て良かった」と思える作品になってると思います。それだけの美がこのヌードには確実にある。  しかし逆にいえば、もしこのヌードシーンがなかったらこの映画を最後まで退屈せず見終える自信は私にはありません。  北斎の波乱に満ちた生涯を描く、とか書いてある映画紹介がありますが、生涯なんて全然描いてないですよ。お直(樋口可南子さん)と出会った当時と、最晩年の、2つの時点が描かれてるだけ。北斎の伝記としては情報量少なすぎです。  北斎と周辺の人々との関係の描き方は、これはコントの一種ですね。  笑わせて楽しませようという意図がミエミエですが、これが残念ながらそれほど笑えない。  お栄(田中裕子さん)が老女になってから腕を顕わにして北斎と添い寝するシーンがありますが、いくら白髪のヅラをつけてたってあの腕は老婆の腕じゃないですよ。  演出にも無理ありすぎ。  というわけで、他の部分は感心しないところが多々ありましたが、まあこのヌードのとびっきりの美しさに免じて☆4つ。

  • jun********

    5.0

    ネタバレ田中裕子と胸毛

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oir********

    4.0

    2大女優のあけすけなヌード

    以前鑑賞しとにかく2大女優のヌードだけが印象に残っていた。最近、新藤監督作品を複数鑑賞したこともあり回顧レンタル。 結論から言えばやはり2大女優のあっけらかんとしたヌードに尽きる笑。 これだけ嫌々感や恥ずかし感を微塵も感じさせず全裸をさらしてくれれば「天晴あっぱれ!!」としか言いようないですね。 ヌードが話題になる映画は男のこちらがばつが悪くなるような、居たたまれないような、痛ましいような気持ちにさせられる場合が多いですからね、特に邦画は。 女優さん同士「あの人がやるなら私だって・・」という相乗効果もあったかもしれませんが、そこら辺は新藤監督の手腕も大きいのでしょう。 で肝心のストーリーですが・・・うーん、文章がなかなかまとまってきません。 終盤の老人となった北斎と馬琴の掛け合いはドリフコントの様な味わいで面白みがあったと言えるような・・・。「末期の水」ならぬ女優の乳首を口に含んだ馬琴に嫉妬した私は不純

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


緒形拳鉄蔵(葛飾北斎)
西田敏行佐七(曲亭馬琴)
田中裕子お栄(鉄蔵の娘)
乙羽信子お百(佐七の女房)
佐瀬陽一伍助(丁稚)
宍戸錠十返舎一九
大村崑式亭三馬
梅津栄岡っ引
観世栄夫狩野融川
大塚国夫蔦屋重三郎
森塚敏刷師
今井和子お品ばばあ
フランキー堺中島伊勢

基本情報


タイトル
北斎漫画

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル