ここから本文です

上海バンスキング (1984)

監督
深作欣二
  • みたいムービー 10
  • みたログ 132

3.38 / 評価:47件

楽しかったのに

  • tos***** さん
  • 2020年10月7日 21時18分
  • 閲覧数 145
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

1936年。波多野は、妻まどかと上海にやってくる。上海でクラリネットでジャズ演奏するためだった。当地でトランペットの松本と合流。松本はクラブオーナーのラリーに前借しているが、ラリーの愛人リリーとできてる。波多野夫妻、松本、リリーはクラブに出演し楽しい時を過ごすのだが、日中戦争が始まる。
 バンスキングってなんの進行形?かと思ったら、バンスは前借の意で、前借王か。でも、それは物語では全然重要ではない。楽しい舞台の雰囲気そのままで進行していくと思われた前半と、後半の暗さがとても対照的でした。
 松坂慶子、志穂美悦子の二人の魅力が、よく発揮されていて堪能できました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 悲しい
  • 不気味
  • 絶望的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ