さまよえる脳髄
2.8

/ 17

12%
6%
41%
29%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(5件)

不気味37.5%セクシー12.5%恐怖12.5%不思議12.5%絶望的12.5%

  • auc********

    5.0

    良くできている

    作品、低予算で高島・神田しか出ていないが、 ストーリーが飽きさせず最後まで引っ張ってくれる。 伏線もきっちりしている。 一種の快楽殺人の謎解きなのだが、二重人格・両性具有なども 織り込んでいる。有名な実験も扱い、 リメイクしても面白いかも。 高島礼子のベッドシーンは良い。

  • d

    3.0

    おしい

    もう少しだけ意表をつくような展開があれば、サイコ物として評価が高くなったかも。

  • h_d********

    3.0

    意外に

    初めて最初から最後まできちんと観たが (所々戻してしっかりと理解しながら)、意外や意外面白かった。 結論がわかっている上での再見で、しかも以前に何となく見流していた際には理解が及ばなかった部分がわかってみるとなかなか心理的精神的に深い。 ただセリフ的に唐突感のあるワードもあり、これはきっと原作において重要性があった?確認の意味でもぜひ読んでみたいと思う。

  • rat********

    3.0

    見どころは一つ・・・

     まあ、古い作品ですからね。  今や、大御所クラスの神田正輝さんや高島礼子さんなどの登場人物の若いこと若いこと・・・。  そして、話題の高島さんがこの作品で見事な裸体を披露してくれてます。  でも、はっきり言ってそれだけの映画です。  ストーリー的にも猟奇殺人を扱ってはいますが、その殺害方法もグロさも中途半端って感じかな。イマイチ、のめりこめるほどの作品じゃありませんでした。  高島さんの脱ぎ損って感じがしないでもないですが、まあ、そこだけ堪能していただければってくらいの作品です。  あとは、バブルの頃を懐かしむって感じの映像くらいかな。  それにしてもこのころの高島さんって結構可愛らしい女性でした。今でも十分きれいな女優さんですが、このころはホンっと可愛らしかった。ちょっと深田恭子っぽい気もしたんだけど・・・自分だけでしょうか?

  • cha********

    2.0

    3流映画

    高嶋礼子のヌードとバブルの頃のファッションが見所です。 ストーリーは二時間ドラマよりひどくつまらない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
さまよえる脳髄

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-