ここから本文です

居酒屋ゆうれい (1994)

監督
渡邊孝好
  • みたいムービー 46
  • みたログ 609

3.38 / 評価:106件

いろんな形の家族模様と萩原健一の光る演技

  • masa_hiro_234 さん
  • 2019年5月18日 23時59分
  • 閲覧数 880
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

古女房を亡くした居酒屋の亭主と、そこに嫁いできた新しい女房、その古女房が化けて出てきて始まるヘンな三角関係。
これだけでも大変なのに、居酒屋に集う客も、かたや博打にのめり込んで嫁に逃げられた男、かたや妻に先立たれ突然蒸発してきた男、ただ何となくある人を探してる若い娘‥‥。様々な人の思いが、横浜反町の片隅にたたずむ小さな居酒屋を舞台に、うまそうな酒肴とともに繰り広げられる。お酒を飲みながら観たくなる作品です。
もうお腹いっぱいになる内容です。ギャグあり、お色気あり、シリアスあり、考えさせられる場面あり‥‥今ではダメだろって表現もありますね。
個人的には室井滋さん演じる、しず子が掛け軸から出てきて一杯引っ掛けて掛け軸の向こうへ帰っていくまでの流れが好きです。このシーン、カットなしで約2分半ずっと回しっぱなしなんです。まったりとした晩酌シーンながら、ひとつミスすれば最初からやり直しという緊迫するシーンを、主演した3人は見事にやってのけました。これからご覧になる方も、以前ご覧になった方も、是非そちらにも注目して観てください!
長くなりましたが最後に、萩原健一さん演じる主人公・壮太郎の不器用な優しさが、今改めて見ると一際光った作品だと思います。彼には、晩年いろんな事がありましたが、彼の演じた壮太郎と「居酒屋ゆうれい」という作品は紛れもなく最高の作品であり、観た人に損はさせないと断言します。
ただ、一度観ただけでは分からない人もいると思います。どうぞ2度3度、いや100度観てください。そうして初めて分かる良さも、あります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • 切ない
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ