女優霊
3.3

/ 253

18%
23%
34%
16%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(75件)

恐怖34.4%不気味32.0%絶望的12.0%不思議8.8%パニック8.0%

  • ポンデッド

    3.0

    当時怖いと騒がれた作品

    ビデオホラー時代この作品が結構騒がれてました。 しかし今見て見るとそんなに怖くはないですねw ただ昔のホラーは画質とか雰囲気があるので良いですね。

  • JUNJUN

    1.0

    感想

    なんで評価が良いのかがわからない。 ちっとも怖くないし、面白くない。

  • INARENA

    1.0

    くだらん

    期待してたけど、くだらなくて途中で寝そうになった 幽霊は人を殺さない パワーストーンはただの石

  • くま既知

    5.0

    ネタバレ私の中のトラウマ最怖映画。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cyborg_she_loves

    2.0

    俳優陣はかなり豪華です

    中田秀夫の実質的デビュー作。  「実質的」というのは、じつはこの前年に「女教師日記・禁じられた性」というAVの監督をやってるからです。  (このYahoo映画にこの「女教師」が出てないのは、AVだから、という理由によるのでしょう。が、見てみたら、確かに2度ほどカラミのシーンはありますけど全体にはエロスの要素は至って控えめで、男子高校生と女教師との禁断の恋を描くというありふれた映画です。今ならこれよりはるかに過激なシーンを含んだ映画が一般の映画館で平然と上映されてる。デビュー直後の若き大竹一重さんの美貌とヌードは今見てもホレボレするし、自殺する4年前の沖田浩之くんなんかも出てて、貴重な映像でもあります。AVであるとかないとかいう下らないジャンル分けはそろそろやめたらどうかと思う。)  それはさておき、この「女優霊」ですが。  映画を撮影してたらいないはずの女が映っていて、じつはそれが撮影スタジオにとりついてた地縛霊で、云々という筋立ては、怪談話としてはまあ「あり」かなとは思います。  うまく描けばそれなりに怖い映画になったと思う。  ところがこの映画、この幽霊が活動を始めるまでが矢鱈に長い。  全体の6割近く進んだところでようやく最初の犠牲者が出ます。  それまでは、フィルムにチョボチョボと映ってるだけで何もしない。  ひたすら、この戦時中の家族を描いた映画を撮影してるシーンが延々と続いていきます。  怪談話を期待している人はここで確実に退屈するでしょう。  そして、この地縛霊がこの髪の長い女優の沙織(石橋けいさん)を殺す理由がまったくわからない。  20年も前にこのスタジオで女が死んでから、この事件が起こるまで、「8スタ」では何十本もの映画が撮影されてきたでしょうに、その間ずっとこの女の幽霊は何もせずにおとなしくしていたのに、ここにきて突然出てきてフィルムに映ったり人を殺したりし始めたのは、なぜなんでしょう?  何の説明もない。  要するに、ストーリーの整合性はどうでもよくて、ただ髪の長い顔の白い女が「ばー」と出てきて「いっひっひ」と笑いさえすれば観客は怖がるにちがいないという、このあとの中田秀夫が守り続けるじつに単純な定型パターンが、すでにここで確立されているわけです。  これを「ジャパニーズホラーの原点」と呼ぶ人がいますが、たしかにそのとおり。あーこれ貞子の原型じゃん、と誰でも思う。  ただ、出演者は、当時まだ無名だった監督のデビュー作品にしては結構豪華ですね。  白島靖代さん。「櫻の園」とか「つぐみ」(吉本ばなな原作、牧瀬里穂主演のあれです)とかでその美貌にノックアウトされた私としては、この映画は、早々に引退してしまった彼女の美貌をたっぷりと映している永久保存版です。  石橋けいさんは今でも現役でバリバリ活躍されてますが、この映画の彼女(17歳!)はあどけなくて愛らしくて素敵ですね。  大杉漣さんも、ほんのチョイ役ですが出ています。  映画そのものとしては☆1つで十分な作品だと思うけど、このあたりの俳優さんたちの懐かしい映像が堪能できるので、☆2つ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


柳ユーレイ村井俊男
白島靖代黒川ひとみ
石橋けい村上沙織
根岸季衣筒見トキコ
李丹フィルムの中の女
大杉漣大谷
高橋明六さん
菊池孝典葉山勝
サブ関川
小島なおみフィルムの中の女優
日比野玲フィルムの中の男優
小林宏史望月しげる

基本情報


タイトル
女優霊

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル