ここから本文です

つげ義春ワールド ゲンセンカン主人 (1993)

監督
石井輝男
  • みたいムービー 9
  • みたログ 60

3.50 / 評価:14件

原作に忠実

  • achakick さん
  • 2008年11月9日 11時20分
  • 閲覧数 734
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

71点

四つの短編映画を一本にまとめた感じの映画。
原作にも要因があるが、安易に文学を模倣したようなシナリオ、セリフが鼻につく感はある。
それでも佐野史郎は適役でつげマンガの雰囲気はよくでていたと思う。
つげマンガの中で、文学模倣型のものよりも、夢幻型のものが好きな自分としては「ゲンセンカン主人」が一番気にいった。
土俗とエロスを混ぜ合わせたような独特の官能感を、ちゃんと醸しているところには感心した。
この短編だけを評価するなら77点。
最後につげ義春本人が登場するのにはびっくりした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ