ここから本文です

愛と誠 (1974)

監督
山根成之
  • みたいムービー 3
  • みたログ 69

2.72 / 評価:25件

リアクションが変で・・・(爆笑)

  • mas***** さん
  • 2012年11月27日 10時16分
  • 閲覧数 1345
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分はこの時代の青春時代を送っていないので何とも言えませんが
時代が違うために笑ってしまうくらい可笑しな場面がいくつもあります
信州で暴走族にからまれた早乙女 愛が偶然出会ったフーテン太賀 誠と出会い
そのリアクションが可笑しい 振り向くショットを何度も繰り返すショットがワザとらしく 早乙女 愛がハッと驚くシーンが可笑しくて・・・大爆笑
白馬の王子も無理やり子供を馬に乗せての撮影も無理すぎているみたいです・・笑
また 石清水 弘が手紙で早乙女 愛に告白するところで雪が降るショットの場面も
傘を持ちながら石清水 弘役沖 雅美のセリフで「君のためなら 死ぬる」セリフも
真面目すぎて・・・自然に笑いが出てくる
西城 秀樹の大賀 誠役は本当に演技も役もまったく下手で役がらが八マていない
女優早乙女 愛もデビューまもないから演技も緊張ぎみなもの分かるが2人の会話が
ギクシャクしているみたいです
雪が降る中での岩清水 弘の告白と太賀 誠のゆれる気持ちで考え悩む
 早乙女 愛がアップに映る映像と白黒映像は工夫しているところが評価出来る
けれど物語の進展がつまらない 
続愛と誠で主人公太賀 誠役南条 弘ニのほうがまだ良い
この作品を見ると古き良き昭和の時代が感じで来る 車や街角や建物など今は無く
女優早乙女 愛のセーラ服姿や若々しい素顔も魅力的なところが見どころかな?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ