八つ墓村
2.7

/ 181

5%
12%
39%
34%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(36件)

不気味30.9%恐怖16.4%知的10.9%切ない9.1%悲しい7.3%

  • 5

    5.0

    豊川版金田一耕助

    公開当時、今までの金田一耕助と比較されたと思うが、市川監督の要望を完璧に演じた結果の金田一耕助だと思う。 豊川悦司さんの金田一耕助はいつの間にか心の中に心地よく入り込んでくる金田一。 ラストが近づくにつれ、まだまだお別れしたくない気持ちにさせられた。 誰にでも親しみ易い笑顔で飄々としていながら、自分の事を一切語らないミステリアスな面もある金田一耕助。ラスト、郵便局での子どもとのやり取りに見せる笑顔や全力疾走など、当時の豊川悦司さんらしさが満載。 続編があったなら、もっと豊川版金田一耕助が世の中に定着していたはず。 脇を固める俳優陣も素晴らしいが、活かしきれていなかった感は否めない。 浅野ゆう子さんはじめ、それぞれの俳優さんが今回どう演じるか悩みながら、抑えた演じ方をしているように思う。 ところで、方言、 これはどの八つ墓村を見ても違和感がありますが、もっとましな岡山弁をお願いしたいです!!

  • oir********

    1.0

    ミステリーなのに知性刺激不足で極度に退屈

    見た記憶がうっすらある古い旧作に関しても面白いという印象は薄かったけれど、豊川悦司がどういった金田一を見せてくれるのかと視聴。 結論を先に言えば恐ろしく退屈。 推理物なので当然こちらもある程度犯人の予測を立てることになるが、手紙のインクで早くも的が絞れてしまったのは痛恨。その時点では確定的とは言えなかったけれども・・ 加えて緊張感緊迫感、恐怖感がないまま次々殺人が重ねられる展開に鼻白み過ぎてついていきたくなくなってしまう。田舎とはいえ警察が警戒をしている最中、しかも探偵もいながらなのに余りにも犯人がスーパー過ぎる・・ 詰まる所、演出の切れがなかったということになるだろうが、原作そのものの読者や視聴者に対する知的訴求力が弱いのかもしれない。原作未読なので断言は控えるが。 豊川金田一も存在感としては薄く期待外れ。飄々とした金田一像というイメージに囚われず、シビアでロジカルなヘビー金田一でも良かったように思う。ふけなんて落とさなくてもいいから。 スプラッターな過剰血しぶき演出もシュールギャグになってしまいがちで、本作のシリアスな雰囲気にはそぐわなかったと感じる。 俳優陣では高橋和也君が光った印象。 総評一つ星

  • スーザン

    2.0

    せっかく市川崑でリメイクしたけれど・・。

    ・・もうトヨエツの金田一がどうとかいう問題ではなく、もたもたした演出とホラーチックなムード激減が残念。 野村芳太郎版の小川真由美&ショーケンには誰もかなわない。

  • カリブソング

    3.0

    市川崑監督の八つ墓村

    「犬神家の一族」から20年、市川崑監督の「八つ墓村」! 豊川悦司の金田一耕助はいい感じ、また切ないロマンス有りと市川節が健在(*^^*)だが、旅館に坂口良子がいないせいか、重要情報の前にどうでもいい自慢話をする三木のり平がいないせいか、最初の役者クレジットがないせいか、監督のクレジットしかカギ型に曲がってないせいか、フルーティーに爽やかな音楽がないせいか、気持ちの盛り上がりに欠けるのは否めない。野村芳太郎監督版に比べ伝奇要素より推理要素が強く出ている。

  • sks********

    3.0

    なぜ評価が低いのか?その理由は?

    久しぶりにトヨエツの金田一耕助を鑑賞。レビュー評価が低いのはなぜだろうと思いながら観た。 「八つ墓村」には実に様々なエピソードが詰まっており、見せ所もたくさんある。確かに2時間の映画に収めるのは大変難しい。それだけに何かを捨てないといけないし、どういう色の映画にするのか明確にしないとつまらないものになってしまう。 また、ストーリー的にも殺人が次々と起こるため終盤には登場人物が減り、犯人も絞られてきてしまう。なのでラストはじり貧となり謎解きも陳腐なものになりがちである。 その点渥美清版は、小川真由美とショーケンを前面に出したホラー色の強いものにして、終盤も鍾乳洞をうまく使い盛り上げていた。 本作は核となる犯行の動機は原作に忠実。ただ冒頭で辰弥へ脅迫文が直接届いた時点で犯人は絞られてしまうはず。 また、「竜のあぎと」や財宝の話が削られており、見所である鍾乳洞の神秘性や魅惑といったものが全く表現されていないのも残念である。 トヨエツの金田一耕助についてはノーコメントとするが、指摘したいのは美也子のキャラクターについて。 「八つ墓村」は美也子をどう位置づけるかで、話の趣が全く違ったものになる。その点本作はどうするつもりだったのか?しっかり者の面を持っているかと思うと、突然下品な笑いをしたり、村人を追い払う極道の妻的な面を見せたり、メチャクチャである。恋心を表した場面も不自然。やはり浅野ゆう子を選択した時点で失敗だった。 市川監督ながら横溝正史ワールドが感じられず残念。低評価もやむなしです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


豊川悦司金田一耕助
浅野ゆう子森美也子
高橋和也寺田辰弥
喜多嶋舞里村典子
岸田今日子田治見小竹/小梅
宅麻伸里村慎太郎
岸部一徳田治見要蔵/久弥/庄左衛門
萬田久子田治見春代
加藤武等々力警部
白石加代子濃茶の尼
神山繁九野医師
石倉三郎徳之助
石橋蓮司洪禅和尚
西村雅彦仙波清十郎
うじきつよし千石巡査
井川比佐志諏訪弁護士
今井雅之落武者
織本順吉井川丑松
横山道代下宿のおばさん

基本情報


タイトル
八つ墓村

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-