レビュー一覧に戻る
ピンク・レディーの 活動大写真

tit********

3.0

彼女たちの時代を知るには欠かせないかも

「日本が誇るスーパーアイドル、ピンクレディの主演映画をもし作るとしたら?」を主題とした、彼女らの主演映画だった様ですね。 全盛期の彼女らの事は知りませんが、恋愛メロドラマ・SFもの・西部劇とオムニバス形式が採られていました。特にサーカス団でこき使われていた異星人との交流話だったSFものはやや荒唐無稽な感があって、総じてストーリーは彼女らありき(まあ当然であると言えるのでしょうが)でした。恋愛メロドラマの話は急患の為、結果的に約束を破る事になってしまったケイがミイと仲悪くなってしまったあたりはまあ他のドラマや映画でも聞いたようなシチュエーションでしたが、しっかりこれまでの彼女達の実績に良く合わせてはいて、ペッパー警部やSOS等場の空気とタイミングよくヒット曲が挿入されていたし、またこれは曲名は忘れたけど、前述の異星人をやはり歌って励ましたシーンは普通に心温まるものはありましたね。 また実際のコンサートでのお宝映像(?)も、特にファンの人にとっては絶対に外して語る事の出来ない見せ場だったでしょう。どうやらこの映画が公開された頃までが彼女らの全盛期だった様ですが、確かに聞く人達を釘付けにするような、しびれる様なオーラはありました。それだけに、直後のアメリカ進出は失敗したわけではなく、それなりに成功はしたようで、その後解散しながらも結局は再結成を繰り返した等を経た、2人の現在の姿は前述したとおりだった私から見ても普通に悲しいものがありますが・・・・・・・・ AKBも良くドキュメンタリー形式の映画とか制作されて、一部卒業メンバーは 映画やドラマ等で主役・ヒロイン役を張っていますが、もうこのピンクレディとかキャンディーズとかの様なアイドルはなかなか出てこないかもしれないですね。当時の時代を知る手がかりとかになる、重要な永久保存ものな作品の一つかもしれません。

閲覧数346