ここから本文です

ぼくらの七日間戦争 (1988)

監督
菅原比呂志
  • みたいムービー 51
  • みたログ 1,350

3.56 / 評価:325件

これは映画の感想なのだろうか?

  • sed***** さん
  • 2010年2月17日 21時11分
  • 閲覧数 774
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

公開当時、リアルタイムで中1だった。
マセガキではなかったと自負しているので、当時の宮沢りえに別段興味はなかった。
ただ記号としてのヒロインだなぁと思ってました。
きっかけはTM好きで。

主人公たちが同じ中学生だというだけで、かなり感情移入してた。
今思い返してもノスタルジーが先行して、映画作品としての評価はできませーん。
あ、でも当時原作も読んだけど映画版のオチのほうが面白かったと記憶してる。

現代の中学生らが、この作品見ても、時代劇みたいなもんって感じんだろうなぁ…。
ネットなんてないし。
下手すりゃDOS-Vなんてのもなかったかも。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ