レビュー一覧に戻る
ぼくらの七日間戦争

sat********

3.0

昭和当時に子供が見たらワクワクかも

古い映画を今の基準や感覚で偉そうに文句つけて星1にして喜んでる阿呆が多いが、こういう頭弱いやつは批評などするなってよく思うよ 今見たら全てが古臭いし、小室の音楽と宮沢えりが初々しいってのが1番の見どころだろうが、昭和の80年代に当時の小中高生が見てたら、「自分たちもこんな仕掛け作って、嫌な先生や機動隊やっつけられたら楽しいだろうなー」という夢がたくさん詰まった映画だと思う 「話がスカスカで中身が無い」言ってるやつ多いけど、子供が作った仕掛けで大人やっつけるとこが面白いんだし、人生について深淵さを描いた作品じゃないのに、なに言ってんだだよ 花火含め「子供だけであんなもん作れるかよ?なんで戦車があって動かせるんだ?」などというツッコミはもちろんあるが、そこはトムとジェリーやホームアローン同様、「こんなことやれたら楽しいだろうな」という、子供の夢と冒険心が詰まった創作と考えてればいいだけだし まあその辺を考慮して、当時タイムリーに見た子供なら十分楽しめると思うし、ただ話の軽さやご都合その他含めて傑作というほどでも無いので、総合して星3評価

閲覧数1,046