ここから本文です

ぼくらの七日間戦争 (1988)

監督
菅原比呂志
  • みたいムービー 52
  • みたログ 1,359

3.47 / 評価:330件

どう見ればよいのか迷う

  • stm***** さん
  • 2015年7月10日 23時01分
  • 閲覧数 3532
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

宮沢りえの過去作というだけの興味で鑑賞しました。作品名のみ昔から知っていたものの特に内容は知りませんでした。

88年公開ということで、90年代前半生まれでゆとり全盛期の自分には一部懐かしいようで、やっぱり校内での教師とのやり取りなどは、ある意味新鮮に映りました。

どの程度映画の世界が現実のものだったのかはわからないだけに、
エンタテイメントとしてみるべきか、ドラマとしてみるべきかに多少困惑してしまう部分があったのも事実です。

迷いなく生徒に厳しく当たる教師と、迷いなく純粋に教師に反抗する生徒達。
この二者がどこまで本気でどこまでフィクションなのかは私には量り兼ねるところでした。

演技のうまい下手とか、終盤の見せ場の場面は今でも同じ感じで撮影できるのかなとかとか・・・。
時の流れを感じる部分もいくつかありましたが、現在大学生の自分が見ても十分に楽しめる映画だったと思います。

ただ、フレッシュな可愛さに溢れた宮沢りえを見れただけでも、
この映画を見た価値は十分にあったかなと思います笑

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ