ここから本文です

CURE キュア (1997)

監督
黒沢清
  • みたいムービー 147
  • みたログ 1,195

3.65 / 評価:442件

誘惑には勝てない。

  • hra******** さん
  • 2017年10月19日 18時54分
  • 閲覧数 2446
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

人間である以上欲求から来る誘惑は付きもの。
その欲求の中でも攻撃・逃避欲求との闘いを描いた作品とでも言いましょうか?
どんなに愛情を感じる相手にも憎悪を感じる部分は少なからずあるもの。
間宮邦彦という人間はその人間が持つ憎悪を殺意に変え攻撃欲求を掻き立てて殺人を恐ろしい凶行から快楽的な行為として刷り込み、
催眠にかかった者は誘惑とのせめぎ合いの中で最後には愛情や友情、いわゆる絆で結ばれた人間を殺害してしまいます。
幽霊もモンスターも殺人鬼も出てこないのに心底恐ろしいのはこの作品が恐怖心との闘いではなく誘惑との闘いを描いているからとにかく後味の悪さはあらゆる映画の中でも群を抜いている。

今作の後に作られたニンゲン合格に出てくる西島秀俊演じる主人公は今作の間宮邦彦と対の存在のように映る。

CURE→ニンゲン合格→回路と順に観ると黒沢清監督が人間といかにして向き合ってきたのかが何となく見える気がして興味深い。

時に寄り添い時に突き放し殺意さえ抱きながらも程よい距離感を保ちながら自分の生きた証をそこに刻む。
普通そうじゃないの?と言われてしまえばそれまでだけど、何だか人間の尊さを説教臭くない形で現してくれているような気がして黒沢清監督作品をたまらなく欲してしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ