ここから本文です

CURE キュア (1997)

監督
黒沢清
  • みたいムービー 146
  • みたログ 1,188

3.66 / 評価:437件

高評価の理由がいまひとつ分からなかった

  • dadadasteady さん
  • 2020年11月2日 22時58分
  • 閲覧数 547
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

高評価のホラー作品ではたまに名前が挙がる本作、
映像が90年代で古そうなので避けてきましたが、ふとしたきっかけで鑑賞。

…ただ、何でここまで高評価者がおられるのか不思議でした。

幽霊の類は出てこず、不気味な演出が散りばめられているのは
凄いと思いましたが、それらが実を結ぶ決定的なシーンや出来事も
なく全体の不穏な空気感に不気味さを感じる程度の感想でした。
_________________

首元から胸にかけてX字に切り裂かれる連続猟奇殺人、報道規制のもと
被害者・加害者に共通点が一切ない事件を捜査していく話。
しかし、間宮という記憶を失くした青年が催眠にかけて殺人を誘発
していることは序盤で分かるので、以降の話がとにかく退屈でした。

萩原聖人があまり俳優として好きではないこともあるのですが、
何度も同じことを訊いてくる描写が必要以上に多く、イライラするし
結局のところ…何が言いたいのか分かりません。

古い時代に用いられた催眠療法を継承した間宮が、
心にストレスや闇を抱える人物にアプローチし殺人という方法で
解放させてあげる…ということですよね?
それが作中語られる伝道師、というものだと。
そして催眠を用いずに間宮に自分の心の闇を話した「特別な」
高部刑事にその能力がまた継承されていった…と。
※間宮と会ってからの高部刑事が妙に落ち着いていて
 穏やかだったり無表情だったりしましたね。

う~~~ん…分からん!!

そもそも、身近にいる憎しみの対象に殺害という方法で
その鬱憤を晴らさせるということなんでしょうが、例えば冒頭の
売春婦や、浜辺で保護してくれた夫婦など、何故殺意がその人から
その人に渡ったのか理解出来ない。
●記憶喪失は多分嘘ですよね?
⇒記憶が無いフリをして、自分の話をさせようとする人の方が
「まずあなたの話を聞かせて」と切り返しやすいから?と勝手に
思ってましたが…
●あのタイミングで間宮が行動開始した経緯
●間宮の自宅が判明した経緯(火傷の跡だけで???)
●何故、殺人という方法でしか救済出来ないのか?
●X字に切り裂かせる意味
●佐久間の殺意の対象は何で自分自身だったの?
(そんな描写なかったし…)
●何故、間宮だけが特別だったのか?
●ラストのファミレスでは会話もせずに殺人を誘発出来たのか?
(煙草の火か?と深読みしましたが、能力強すぎるでしょ笑)

…いや、他にもいっぱい分からないところはありますが、
多分考えても答えは出てこないと思います。
多様に解釈出来るようにしているからこそ「深い」と言われる
風潮がありますが、ここまで説明不足だとちょっと苦しいですね。

作品のテーマは悪くないし、俳優さんの演技はどなたも素晴らしいです。
(萩原氏はやっぱり好きになれなかったけど…)
確かに不気味な演出と作品のテーマ自体は恐ろしいものではあるものの
映画としてはやや退屈に感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ