レビュー一覧に戻る
あぶない刑事

とみいじょん

4.0

リアリズムよりダンディズム

突っ込みどころは満載。  80年代のファッション・色遣いも、笑いの種になるか、懐かしいと思うか、温故知新となるか…。  当時柴田さんがCMに出ていたポッカコーヒーや、舘さんがCMに出ていたポカリスエットも懐かしい。ケンタッキーフライドチキンはスポンサー?  唐突に始まる(笑)、普段TVで観られない、東京キッドブラーザースでならした柴田さんのダンスも観れて眼福。  アクション・ドンパチはTVでもやっている石原軍団そのまま。  今の映画と比べると、ギャグのテンポはいいが、物語にスピード感はない。  レギュラー陣は手堅いけど、悪役があまり描き込まれず、主役と悪役が触れ合いそうに見せながら「え?」という程度の関わりで、物語としては物足りない。 でも何より、カッコイイ。 主役はもとより、中条さん、木の実さん演じる課長にもしびれる。 役者の立ち振る舞い・表情と役者の魅力が最大限に引き出されている上に、 色の配色 光と影の使い方 アングル 一つ一つのシーン、画が、ポスターとして使っても様になる。 ロケハンもよくこういう画となる場所を見つけたなあと感動する。 単に名所巡りではない。 そんな映像に、主役をはじめとする芸達者が、 台詞の掛け合い、コメディ場面と観ていて心地いい連鎖を見せてくれる。 声だけを聴いていても面白い。 人気シリーズになるのも納得。

閲覧数1,425