悪魔が来りて笛を吹く
2.9

/ 139

13%
14%
32%
28%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(26件)

不気味18.0%悲しい16.4%切ない13.1%恐怖9.8%絶望的8.2%

  • ykamimura

    2.0

    土曜ワイドレベルの低級映画

    むごかった。製作費が少なかったのか。これで角川プロデュースなのか。 映像について ・画面が汚い、もろに照明を当ててるのが分かる、 ・ホームドラマのようなセット撮影ばかりで、TVの土曜ワイドドラマの雰囲気 ・高級感のあるキャストではない、奥様役を見たとたん後半の濡れ場を予想 ・戦後まもなくが舞台のはずだが、現代的なセリフと衣装ばかりで時代考証が× ストーリーについて ・次々殺されていくのに、厳戒態勢もとらず、日常生活続けるのはおかしい ・復讐の動機も弱い、変なギミックを使いたくさん殺すほどの過酷な生育か、遺産相続ならわかるが ・恨むのは勝手だが普通に暮らしても幸せになれただろうに 結論 東宝・石坂版には到底およびませんね 石坂版でリメイクできればよかった

  • xeno_tofu

    3.0

    ネタバレ2時間ドラマ風の金田一ですなぁ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • saan

    1.0

    原作を改変しすぎ。

    原作を改変しすぎで意味がわからない。 小夜子が自殺してない時点で犯人の動機が薄れるし、犯人が指を失っていないので犯人がフルートを吹くのも全く意味をなさない。 犯人の背中の痣も唐突に出てくるので意味わからん、、、 あきこが鏡ごしに痣を見るから〜のネタふりがあるから犯人の背中から痣が現れた時の衝撃があるのに、、、それもない。 文句を言ったらキリがないほど酷い脚本だ。 よくこんな脚本でOKを出したなぁと思う。 西田さんの金田一もぽっちゃりし過ぎて全然ダメ、、、 西田さんのちょっと観客を笑わせてやろう感が出過ぎで、とぼけるシーンは引いてしまう。 やはり金田一は石坂さんと古谷さんだなぁ。 古谷さん版の悪魔が来たりては原作に忠実ですごく面白いので、そっちをお勧めします。 映画は観る価値なし。

  • gal********

    3.0

    ポスターがよい

    ドキドキする展開が後半から起きる! 前半もう少し展開して欲しかった。 音楽が良い。

  • yio********

    1.0

    ここまで腐らせるか

    NHKでやってた吉岡秀隆演じる金田一耕助の同ドラマを見たが、よくもここまで腐らせたもんだ、宮内淳などが出ていた映画も相当腐っていた(原作のよいところ、欠けた指で吹けるようにフルート曲が作曲されていたなどのエッセンスが0)、このドラマにはフルートを吹く場面すら出てこない、さすがNHK、ものが言えません。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


西田敏行金田一耕助
夏八木勲等々力警部
仲谷昇椿英輔
鰐淵晴子椿[火禾]子
斉藤とも子椿美[示爾]子
石浜朗新宮利彦
村松英子新宮華子
小沢栄太郎玉虫公丸
山本麟一目賀重亮
宮内淳三島東太郎
梅宮辰夫風間俊六
浜木綿子妻・敏江
加藤嘉慈道
京唄子お玉
藤巻潤山下刑事
三谷昇沢村刑事
金子信雄信州の仙人
秋野太作電報局々員
横溝正史雑炊屋の親爺
中田博久天銀堂店長

基本情報


タイトル
悪魔が来りて笛を吹く

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル