レビュー一覧に戻る
GONIN

GONIN

109

tes********

3.0

ネタバレかなり人を選ぶ映画です。万人受けはしない

3.7点/350人/1995年   かなり湿っぽい、ノワール、ハードボイルド映画。 男の友情が過剰に表現されていてもはや愛情になってるような部分が個人的には生理的に厳しかった・・・基本、佐藤浩市さん苦手なので・・・ 万人受けはしないマニアックな映画だと思うが、好きな人にはたまらない魅力がある映画であることも、よくわかる雰囲気を持った作品だった。 個人的にはサイコヤクザアクション的な部分は楽しめたが、世界観にはまる事はなかった。 基本、雰囲気と世界観を楽しむ映画だと思うので、ストーリーはあってないようなもんで、素人5人がヤクザの組事務所から金を奪うだけの話。 ある目的のために集まって強盗をするって話は、「ronin」1998年 っぽいが、こちらは様々なプロが集まっているのに対して、本作は人生に行詰った落伍者がたまたま5人集まって無茶な計画を勢いでやってしまうという救いの無い設定。 当然、破滅へと向かう事になる・・・ みんな結構渾身の演技っぽいが、結局途中参加のサイコ殺し屋たけしに全部美味しい所持って行かれているように思った。 たけしは色んな映画でサイコ殺し屋やってたように記憶してるが、ある意味変わり栄えのしないワンパターンなんだが、一本の映画の枠を超えてサイコ殺し屋キャラクターとして成立させたところが、すごいと思う。 余談、 タイ人娼婦役の横山さんはどう見ても、舌足らずの日本人にしか見えなかった。 残念!!本物のタイ人起用すればよかったのに。 余談2、 本作、楽しめた人は同時代の「いつかギラギラする日」1992年 も良く似た指向なので試されては・・・ こちらは本作よりも、ドライな世界観で、カーアクションなどもあり娯楽要素多目なので一般受けはいいと思います。

閲覧数2,556