ここから本文です

3-4X10月 (1990)

監督
北野武
  • みたいムービー 77
  • みたログ 959

3.80 / 評価:303件

さんたいよんえっくすじゅうがつ

特に意味の無いタイトルのようです。
3から4は引けないし、それに10月をかけるって?
ツタヤで探しまくりましたよ。
どうやって読むのかわからないので店員さんにも聞けないし。
邦画のやくざ系にありました。
やくざ?、思い出しましたよ、これ。
観たことありました。
たけし軍団総出演の映画でした。

柳ユーレイが主役で、元ボクサーのトカちゃんが出てました。
トカちゃんがパンツを脱がされてタケシに押さえ込まれる
シーンが忘れられませんw(こういうどうでもいいような
シーンをなぜか覚えている)。

見所はやはりBたけしのバイオレンスIN沖縄です。
傍若無人というか、悪逆無道というか、あの奥目のつぶらな
瞳で見つめられたら、もう蛇ににらまれた蛙です。
これこそが、まさに「その男、凶暴につき」です。

一貫して描かれるのは、生きようともがく者ではなく、
死に急ぎ、破滅に突き進む者の瞬間的な生き様です。
ラストの決着のつけ方は、素人がやくざから学んだひとつの
方法だったのだろうか?
それにつけても、石田ゆり子が可愛い。
もうやっちゃたのかい?と見知らぬおっさんに聞かれて
恥じらいながら微笑むシーンなんて、マジで抱きしめたく
なるほどの可愛さです。
そんな可愛い彼女をどうしてそこへ連れていく・・凹む。

北野映画を観てつくづく感じるのは、やくざを演じると
どうしてこうも誰もがイキイキするのだろう。

やくざをなめるな、からむな、乗り込ませるな、これが
非やくざ三原則です。
北野映画、やくざ路線まっしぐらの一巻です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ