ここから本文です

座頭市 (1989)

監督
勝新太郎
  • みたいムービー 27
  • みたログ 279

4.28 / 評価:87件

雰囲気が…

  • buk***** さん
  • 2017年12月18日 10時26分
  • 閲覧数 433
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

日本映画の進化はここで止まってますね。
敵が救いようのない極悪非道なワルという点がちょっと現実味がないという点で若干作り込み不足って気がしたが(陣内が糞野郎すぎだし、バカすぎて…斬る価値ないよ)、その他は最高!
勝新の演技は言うまでもないが、映像、音楽、演出共にとても素晴らしかった。
ダンディズム、名優同士がしゃべってるだけで絵になる、やばいの一言!
三木のり平、緒方拳最高!
何気に勝の息子の啖呵もかっこよかった!
樋口可南子さんもお上手!(ジブリに出てきそうな上品なマダムって感じ!)
曲がまたおしゃれ、津軽じょんがら、やはり味わいがありますね、すごく雰囲気に合っててよかった!
これは話の内容わからなくても雰囲気だけで楽しめる歌舞伎みたいな作品ですねw
それにしても、なぜ日本映画はこれ以上良くならないのか、2000年代になってからも、時代劇のリメイクなど何本も見たが、いずれも原作には遠く及ばない。
全て劣化コピー。
やはり真似ではなく、その時代時代の雰囲気があるから、そこまでは真似できない(滑稽になる)。
思い切って現代の雰囲気でリメイクやりゃ良いんだよね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ