レビュー一覧に戻る
その男、凶暴につき

das********

3.0

ネタバレ久しぶりに観た

その後の北野映画と少し雰囲気が違うけど、スタート地点の映画。 破滅型の主人公、暴力的なシーンも台詞も悟ったように淡々と進む感じなど、らしさは既に出ている。 改めて観ると岸部一徳のオフィスが広いだけで、ほとんど何もないのは敢えてなのか。予算がなかったからなのか。レストランの開店パーティで派手な衣装だったんだから、オフィスも少し派手でも良いような。本筋とは関係ないところで違和感。 クスリ漬けになった妹が目の前の兄に気付かずクスリを欲しがり、それを複雑な表情で見る主人公。そして妹も撃つ。 何年も前に初めてこの映画観た時は、おぞましさのようなものを感じて妹を撃ったと思ってたが、久しぶりに観て哀れさを感じて撃ったんだろうと思えた。 観た時点での心境や年齢などによる感じ方の変化に気付かされた。

閲覧数1,386