ここから本文です

香港パラダイス (1990)

監督
金子修介
  • みたいムービー 9
  • みたログ 55

3.56 / 評価:18件

斎藤由貴を、初めて可愛いと思った映画。

  • tengu3711 さん
  • 2011年1月6日 22時57分
  • 閲覧数 1209
  • 役立ち度 16
    • 総合評価
    • ★★★★★

今晩わ!「デッドライジング2」レベル36まで行ったジジイです。

いや~~、寒いですなぁ・・・この寒い季節に、杉田かおるといい、島田陽子といい、

元気にスッポンポンになってますなぁ・・・熟女ヌード真っ盛りであります。

やっぱ、「お酒好き」の女性って、肌年齢が凄く若いよね。

ただ、「飲み過ぎ」は逆に内臓器官ヤラレルので、「ご注意」ですぞ!


さて、今回の作品は、これまた、懐かしのアイドル。

斎藤由貴の「香港パラダイス」1990年作品。

監督は「ばかもの」で内田有紀と組んでいる、アイドル映画の巨匠、金子修介。

前作「どっちにするの?」で、天下のミポリンを使って大失敗した金子さん、

今回の「香港パラダイス」では、金子映画の原点に戻って、

大アクション・コメディにしましたね・・・公開当時大笑いしたけど、今観ても面白い。


斎藤由貴が、まるでゴールディ・ホーン並みのコメディセンスを発揮します。

四つん這いになって、パンツが見えるのも気にせずトコトコ逃げる由貴ちゃん。

最高でした・・・

それまで、「スケバン刑事」なんか観ても、トロくさくて嫌だったんだけど、

この映画では、その「トロくささ」を逆手にとって、魅力にしている。

チャイニーズドレスから、太い脚出して、ドタドタ走る姿もナゼカ可愛い!


さしずめ、日本版「ファールプレイ」ですな。

斎藤由貴が、こんなに面白いキャラクター演じれるとは、思ってなかったので驚いた。

大竹まこと、我王銀次(いい役者でした!)、天本英世、内藤陳、阿藤快、

脇が、クセ者ばかりなのも、いいスパイス。


相原勇、井森美幸、そしてグロリア・イップと、みんな若かったなぁ・・・

それにしても、井森美幸の変わらなさ・・・・相原勇と較べると、よく解かります。

アイドル達が、香港で跳んだり跳ねたり・・・実にバブルの余韻を感じる映画でした。

1990年当時、こんな軽いコメディ撮れる監督は金子修介くらいだったと思う。


「デスノート」でブレイクした金子さんだけど、

個人的には、この頃の「カルイ」金子映画が、好きだったなぁ・・・

小林薫の、オトボケぶりも観モノです。

DVD化されてないのかなぁ・・・面白いんだけどなぁ・・・


(追伸)

お気レビの三流映画ファンさん、グウィネスのレビュー読んで戴き有難う御座います。

確か、ベルッチが、苦手なんですよね。

「薄味ごのみ」という感じでしょうか・・・・でも、アイアンマン2のグウィネスは、

とってもセクシーですよね。

「愛しのローズマリー」もイイですし、題名忘れたけど、スチュワーデス役の映画!!

あのコメディなんかも好きでした・・・

テルダ・スウィントンなんかも好きなんですかねぇ・・・なんか、近くに行くと、石鹸の匂いが、ほのかにしそうな、そんな女優さんですよね。

これからもグウィネス作品、ドシドシ書いていって下さい!楽しみにしてます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ