ここから本文です

クライング・フリーマン (1996)

CRYING FREEMAN

監督
クリストフ・ガンズ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 30

3.13 / 評価:15件

島田陽子さん再びに期待したアメリカの友

  • aya***** さん
  • 2007年9月5日 21時05分
  • 閲覧数 1355
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画に島田陽子さんが出ているということでアメリカの某友人はすごく喜んでいた。Shogunで彼女の大ファンになってしまったらしい。しかし、この映画での島田さんはヤクザのボスの奥方なので、背中に派手なヤクザの姐御風の刺青もあり、アメリカの警察も誘惑してしまったりとかなり危ない感じである。友人も最初は目をパチクリ。あの優雅で上品な彼女はどこへ?ってな感じだった。ただ彼女のGracious Japanese Englishを聞けたことだけは喜んでいたが、、、。
映画を見てる間もあまり彼が島田陽子さんのことばかり言うので他のシーンがどんなだったかトンと忘れてしまった。ただ大量生産されているヤクザの絡んだアクションフィルムと同じ感じだったということは記憶にある。ヤクザアクションって皆、同じに見えるんだよね。
加藤雅也さんが貫禄出て来たなーーーと感じたのはボンヤリ覚えているけれど。

島田陽子さん、私も久々に見たけれどもなんか妙な方向に行ってるのでは???
彼女がアメリカの空港に付いたとたんにいつも審査官にサインを求められたという逸話も遠い昔に感じる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ