ラブ&ポップ
3.3

/ 162

15%
31%
33%
10%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(27件)

かわいい17.1%切ない14.6%不思議9.8%かっこいい7.3%不気味7.3%

  • けいご

    5.0

    他レビューを見て思ったこと

    この映画のこと良くわかってないで評価してる人が多いので一言言わせてください。 私は庵野秀明ファンになって27年ほど経ちます。 彼の性格や趣向を知ると、作品をより理解できます。 「僕が好きなことを描いても他人には評価されない。好きになっても嫌われるかもしれない。なら最初から一人がいい。他人が怖い。ビル、電柱、電車、ジオラマ、都会が好き。」 そんな人間が作った作品なんです。 【画質が悪い・映像が粗い】 庵野さんはこの映画にそもそも綺麗な画質や映像は求めて作ってないです。 その「粗さ」が良い映画なんです(笑) その理由は下記へ。 【アングルについて】 上記の画質・映像と同じ話ですが、作品を通してすごいカメラアングルでしたでしょう? 庵野さんが好きな「盗撮」のアングルです。 (庵野さんが盗撮好きって事では無いですからねw) このアングルはキャラクターが秘密の会話をしているとき、隠し事を映すとき、このような表現をするときに使われるアングルです。 視聴者はこのアングルを見ると「見てはいけないものを見ている」感覚になります。 そんな盗撮アングルが画質・映像が綺麗だとリアル感が無くなるんです。 粗い映像だから盗撮っぽくなるんです。 それがこの映画の良いところ。 【役者について】 演技について批判されている方いますが、、、 そこも庵野さんの考えです。 こだわってないんです(笑) いや、むしろあの演技を求めてるんです。 役者が美人で演技上手くてどーするんですか、この映画で。 そんなの求めてません。 、、、というわけでエンドロールも素晴らしい作品となってますので、まだご覧になっていない方は必見。 エヴァ好き、庵野秀明好きにはたまらない内容となっています。

  • a1b********

    5.0

    援助交際のはなし

    若かりし頃の仲間由紀恵可愛かった。 援助交際とかパパ活ってやっぱり怖いね。 やらなくてよかった。健全な学生やっててよかった〜。 トラブルおきてもどうしようもならないからね。知らない人と二人きり密室って危険だよね 気持ち悪い男性多いだろうし。 この映画の中でもいろんなやばめな男性がでてきて、みてるだけで怖かった。 サイコホラーだよもはや

  • たーちゃん

    1.0

    ネタバレ当たり前の作品にしない意欲は買いますが

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • zc1********

    2.0

    好きな女の子を撮れば良かったのに

    永遠の自主映画作家庵野 監督作品。 実は公開当時に某映画館でこの作品の映写技師をしていたので何度もみている。 当時は売れっ子アニメ監督が実写に挑戦しているという点のみだが割と批判はなかった。今見るとカメラワークに夢中で人物をみつめる気がないというか女子高生を正面から見れない照れ隠しを感じる演出。本当は監督が惚れた声優を起用してドロドロの個人映画をやれば良かったのでは。  男の俳優の演出ができないし興味も薄いのか、過剰な投げっぱなしになってる。 もうムリだと思うが、庵野監督のアダルトビデオ作品がみたい。

  • kou********

    2.0

    エンタメではない

    援助交際全盛の時代を生きる女子高生の生態を描いたという点では一見の価値ありかも知れないが、それ以外つまりエンタメとして映画として虚構として面白いかどうかと言われると首を傾げざるを得ない。ラスト付近で入る売春批判も陳腐で庵野秀明にしては説明的だなと感じた。クラシック音楽の使い方は岩井俊二のリリイシュシュと選曲が酷似していて既視感を覚えたが、公開年では今作の方が先に当たるのでパクりということは無さそうだ。ドビュッシーやサティの楽曲は8ミリの粗い映像との親和性が高く、何気ない日常のシーンにもペーソスの情感を加えていた。また監督のサービス精神なのか、エヴァを彷彿とさせる過激なシーンが何度か登場するのでその辺りはエヴァファン的には楽しめるかも知れない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ラブ&ポップ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル