レビュー一覧に戻る
ホラ吹き太閤記

syu********

3.0

クレージーキャッツ植木等の戦国コメディ

太閤記をモチーフにしており、つまりは豊臣秀吉の物語。高度成長時代の映画の傾向であった、サラリーマンの出世物語風になっているのが時代を感じさせます。ここでは織田家は新進の株式会社、織田信長はその青年社長というわけで、秀吉はその下で働き、下働きから正社員となり、そして係長となる、といった具合に展開されるわけです。まあ、今観ると一寸違和感はあるかもしれません。 高度成長時代、サラリーマン社会に重ね合わせての太閤記のパロディ。ただし、展開されるのはその生涯のほんの一部。一寸中途半端な気もするが娯楽性は十分。

閲覧数532